古橋広之進氏死去、世界水泳プールサイドで黙とう 世界の水泳関係者に見送られて

スポーツ | 2009年08月04日 | 2,740 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 戦後の復興期に水泳選手として活躍した古橋広之進(ふるはし ひろのしん)さんが、世界水泳選手権がおこなわれているイタリア・ローマで亡くなりました。

 日本水連の発表によると、2日午前10時すぎに古橋さんの宿泊ホテルを訪ねた際、ベッドで既に息を引き取っているのを発見したとのことで、死因は急性心不全とみられています。

[スポーツナビ] プールサイドで黙とう 世界が「フルさん」に別れ

 国際水連が同日夕に開いた大会総括の記者会見で、フリオ・マグリオーネ会長(73)は「大事な友が逝った。フルさん(古橋氏の愛称)が水泳にそそぐ情熱は、世界中で見本とされた」と神妙な面持ちで話した。夜の決勝前に、理事全員がプールサイドに並び、1万人を超える観客とともに黙とうをささげた。

[asahi.com] 電光掲示板に「FLYING FISH」 古橋さん悼む

 会場の屋外プールではこの日午後6時からの決勝開始前、半旗を掲げ、黙祷(もくとう)がささげられた。電光掲示板には古橋さんの名前とともに、「FLYING FISH(トビウオ)」の文字。古橋さんは国際水連副会長を務め、今大会でメダル授与のプレゼンターになるなど元気な様子だっただけに、国際水連役員のなかには信じられない様子で涙ぐむ女性もいた。

世界から「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた日本人

 古橋広之進さんと言えば、かつて自由形の選手として驚異的な世界新記録を連発し、戦後の復興に苦しむ日本人に大きな勇気を与えてくれた国民的ヒーローのひとり。

 世界のメディアからは「フジヤマのトビウオ」と呼ばれ 、現役引退後も日本オリンピック委員会(JOC)会長、アジア・オリンピック評議会(OCA)副会長、日本水泳連盟(JASF)名誉会長、国際水泳連盟(FINA)副会長などの要職を務め、スポーツ界の発展に大きく貢献しました。

この記事のタグ: ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (1件)

  1. 名無しさん
    2009年08月10日 01:06 | #1

    ありがとうございました。
    御冥福をお祈り申し上げます。

投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。