ロカルノ国際映画祭で注目を集める日本のアニメ

エンターテインメント | 2009年08月13日 | 10,096 views | 0 comments | 0 trackbacks |

piazza-grande スイス南部の保養地ロカルノで開催中の第62回ロカルノ国際映画祭において、日本のアニメが大きな注目を集めています。

ロカルノ国際映画祭公式サイト

[時事通信] 日本アニメに熱い視線=ロカルノ映画祭で回顧特集-スイス

スイス南部のリゾート地ロカルノで開催中のロカルノ国際映画祭で、日本アニメの歴史を回顧する特集イベント「マンガインパクト」が人気を博している。上映会場では、欧州のアニメファンに加え、これまで日本の漫画になじみのなかった人も熱心にスクリーンを見入るなど、観客の関心は高い。

 8日夕に宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」が上映された映画館では500席がすべて埋まり、上映後に観客から拍手がわき起こった。ロカルノのアナマリア・ダドさん(40)は「日本のアニメを初めて見たが、非常に印象的でとても力強かった。新たな発見だった」と興奮気味に話した。

欧州でも大人気のポケモンがしょこたんと供に登場

[asahi.com] しょこたん、スイスでピチュピチュー ロカルノ映画祭

開催中の第62回ロカルノ国際映画祭で、歌手の中川翔子さんが歌を披露した。熱烈なアニメファンとして知られる中川さんが主題歌を担当した映画「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ」(公開中)が、映画祭の今年の目玉企画である日本アニメの大規模特集「MANGA IMPACT」で上映されるのに合わせて9日夜(日本時間10日未明)、大広場の特設ステージに立った。

日本のアニメ界の2大巨匠が名誉豹賞を受賞

 メイン会場である野外劇場「ピアッザ・グランデ」では、8000人の観衆を前に「機動戦士ガンダム」や「平成狸合戦ぽんぽこ」が上映され、同作品の監督である高畑勲氏と富野由悠季氏に、それぞれ名誉豹賞が贈られることが決まりました。

[asahi.com] 高畑勲・富野由悠季監督に名誉豹賞 ロカルノ映画祭

開催中の第62回ロカルノ国際映画祭で、アニメ監督の高畑勲さんと富野由悠季さんに名誉豹(ひょう)賞が贈られることが決まった。

 62年の歴史をもつロカルノ国際映画祭は、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの3大国際映画祭に次ぐ権威ある国際映画祭と言われており、1970年には実相寺昭雄監督の「無常」が、2007年には小林政弘監督の「愛の予感」が最高賞に当たる「金豹賞」を獲得しています。

 なお、今年のコンペ部門には、細田守監督の「サマーウォーズ」が日本のアニメ作品としては初出品されており、こちらも注目を集めているようです。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。