クルム伊達、史上2番目の高齢ツアー優勝! 韓国メディア「あり得ない事を成し遂げた」

スポーツ | 2009年09月28日 | 7,720 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ソウルで開催された女子テニスツアーの韓国オープンのシングルス決勝において、クルム伊達公子(エステティックTBC)がアナベル・メディナガリゲス(スペイン)を6-3、6-3で破り、みごと優勝の栄冠を手にしました。

 ノーシードから勝ち上がってきたクルム伊達は、準々決勝で第1シードのダニエラ・ハンチュコバ(WTAランキング21位)を破り、準決勝でもマリア・キリレンコ(WTAランキング54位)に逆転勝ち。決勝では第2シードのメディナガリゲス(WTAランキング23位)をストレートで下しました。

以下、大会公式サイト(韓国語)より一部抜粋、意訳

[大会公式サイト] クルム伊達、13年ぶりの栄冠=2009ハンソル コリア オープン優勝

クルム伊達公子

ソウル・オリンピック公園のセンターコートで27日におこなわれた2009 WTAツアーハンソル コリア オープン(賞金総額22万ドル)シングルス決勝戦で、クルム伊達公子(日本155位)が、第2シードのアナベル・メディナガリゲス(スペイン23位)を2(6-3 6-3)0ではね除け、優勝した。1996年8月サンディエゴオープンでの優勝以来、満39歳の年齢で13年1ヶ月ぶりに栄冠を勝ち取り、選手生命がどのスポーツよりも短いと言われているテニスにおいて、不可能に近いあり得ない事を成し遂げた。

 クルム伊達選手は、本日28日が39歳の誕生日ということで、今回のツアー優勝は1983年に39歳7カ月で優勝したビリー・ジーン・キング(米国)に次ぐ年長記録とのことです。

観客席から大きな声援も

[産経新聞/イザ!] 負けない伊達 韓国人観客から拍手と歓声

 「観客を完全に味方に付けていた」と決勝を観戦した韓国人記者。現役復帰後初で13年ぶりのツアー大会優勝が決まった瞬間には、立ち上がって拍手する人も目立った。

 ソウルに住む韓国人主婦(32)は「40歳近くというのに、本当にすごい闘志。あんな力がどこからわいてくるのだろう。ファンになった」とうれしそうに話した。

いやー、ほんとに素晴らしいの一言ですね。優勝&誕生日おめでとうございます!

この記事のタグ: , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。