月別アーカイブ

2009 年 11 月

驚異的なスーパーコンピュータ開発で長崎大の浜田助教らに「ゴードン・ベル賞」

サイエンス・テクノロジー | 2009年11月28日 | 7,029 views | 2 comments | 0 trackbacks |

 長崎大学工学部の浜田剛助教らの研究グループが、380個のGPU(Graphics Processing Unit)を並列動作させることで、158テラフロップスの演算が可能な国内最速のスーパーコンピュータ(スパコン)を開発。その功績が認められ、米電気電子学会から「ゴードン・ベル賞」を授与されました。

 同賞は、スーパーコンピュータ分野のノーベル賞ともいわれ、高性能計算の世界で最も権威のある賞の一つ。今月14日から米オレゴン州ポートランドで開催された国際学会「Supercomputing 2009」において受賞が決定されたものです。

 特筆すべきは、通常は数百億円はかかるとされるスーパーコンピュータの開発費用を、秋葉原で安価に調達した部品を使用することで、わずか3800万円に抑えることに成功したとのことです。

一方、アメリカ軍はプレステを使った

 安価なGPUを大量に並列動作させることで、少ない予算でより高度な演算処理をおこなうという試みはアメリカでも進められています。

 なんとアメリカ空軍において、SONYの「PlayStation 3」(PS3)を数千台規模で接続し、高精度な画像処理や科学計算をおこなうという研究が進行中のようです。

続きを読む…

本木雅弘さん「おくりびと」で主演男優賞=アジア・パシフィック・スクリーン・アワード

文化・伝統 | 2009年11月27日 | 3,037 views | 0 comments | 1 trackback |

 オーストラリアのクイーンズランドで開催されている国際映画祭「ASIA PACIFIC SCREEN AWARDS 2009」(アジア・パシフィック・スクリーン・アワード)で、映画「おくりびと」(英題:Departures)で主役を演じた本木雅弘さんが最優秀主演男優賞を受賞しました。

 「アジア・パシフィック・スクリーン・アワード」は、アジア太平洋地域を中心に優れた映画作品を表彰する国際的な映画祭として2007年に創設されました。(私自身も若干混同していましたが、1954年から始まった「アジア太平洋映画祭」とは別物のようです)

 「おくりびと」は、昨年の米アカデミー賞で日本初の外国語映画賞に輝くなど、日本国内のみならず、世界各国の映画祭で数多くの賞を受賞してきましたが、また一つ栄冠が加わることになります。

続きを読む…

自転車ロードレースの別府史之がアームストロングのラジオシャックに移籍と発表

スポーツ | 2009年11月27日 | 1,805 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 今年のツール・ド・フランスで日本人として初完走し、最終ステージでは敢闘賞を獲得するなど活躍した別府史之が、ランス・アームストロングが立ち上げた新チーム「ラジオシャック」に移籍することが同チームから発表されました。

[cyclestyle.net] 別府史之がアームストロングのラジオシャックに移籍

 ツール・ド・フランス7連覇の実績を持つランス・アームストロングが2010年に立ち上げたアメリカの新チーム、ラジオシャックが所属選手リストを発表した。日本の別府史之が同チームに加わる。

 別府選手は、かつて所属したチーム「ディスカバリーチャンネル」時代にアームストロング選手とチームメイトだったこともあり、そのときのコネクションを通じて、今回の移籍話が舞い込んだのかもしれません。

現在の所属チームは移籍を否定

 ところが、別府選手が現在所属するチーム「スキル・シマノ」は、今回の移籍話を「まったく聞いてない」と否定するコメントを発表しています。

続きを読む…

海外メディア「最もダサいユニフォームはサッカー日本代表」

スポーツ | 2009年11月25日 | 90,688 views | 7 comments | 0 trackbacks |

 いよいよ来年開催されるワールドカップ南アフリカ大会の出場32カ国が出そろい、各国代表チームからは新ユニフォームが続々と発表されています。

 そんな中、ブラジルのオンラインメディア「globo.com」は、ファッションの専門家に依頼し、各国代表チームのユニフォームを評価。その結果、日本代表チームが「もっともダサいユニフォーム」として選ばれたようです!

[産経新聞/イザ!] ブラジル紙「代表ユニホームのワーストは日本」

 不細工なデザインとして、宿命のライバルであるアルゼンチン代表を選んだ。「まあ、当然この国に対していい感情はもっていないわ。それだけでなくて、昔と何ら代わり映えがしないのよ。布地を代えただけで工夫がない。アルゼンチンよりもひどいデザインの国が1つあるわ。日本代表のはいただけないわね」

原文のソースはこちら

これによるとベストデザイン/ワーストデザインの上位3チームは下記のとおり。

■ユニフォームが美しい国ランキング

1位 ロシア
2位 ドイツ
3位 フランス

■ユニフォームがダサい国ランキング

1位 日本
2位 アルゼンチン
3位 メキシコ

続きを読む…

男子バレー32年ぶり銅メダル! 個人賞も2部門獲得=グラチャン2009

スポーツ | 2009年11月24日 | 2,708 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 バレーボールのワールドグランドチャンピオンズカップ男子大会(2009 FIVB Men’s Grand Champions Cup)は23日、名古屋市・日本ガイシホールで最終日の各試合がおこなわれ、日本(世界ランク12位)はブラジル(世界ランク1位)に0-3のストレートで敗れたものの、通算成績を3勝2敗とし、堂々の3位に入りました。

 日本の男子バレーが、同大会でメダルを獲得するのは史上初。また、オリンピックやワールドカップを含む国際主要大会で3位以内に入ったのは、実に32年ぶりとのことです。

なお、優勝は全勝のブラジル。2位はキューバでした。

個人賞2部門獲得の快挙!

続きを読む…

海外の日本語ブームについて―ちょっとホコホコな話その2

社会・政治 | 2009年11月23日 | 8,494 views | 0 comments | 0 trackbacks |

こちらの記事の続きです

次のお話は、産経新聞のある記者が中国を訪れたときのエピソードです。

意外なところで日本語ブーム

 上海市内の魯迅公園を散歩していたときのこと。年配の中国女性が近づいてきて、「あなたは日本人ですか?」と日本語で聞かれ、訳も分からずうなずくと、あっという間に20人近い人垣に囲まれてしまったそうです。

 すわ反日団体の“日本人狩り”かと身構えたが、聞くと週末ごとに日本語を勉強する仲間が公園に集まって、日本人を探しては会話の練習に励むのだという。

 女性は「息子が日本語を勉強して就職先を探しているので自分も手助けのつもりで」と話した。四川省出身という若い男性は「ハイテク製品に憧(あこが)れて日本語の勉強を始めた。日本に留学したい」と目を輝かせた。

全文はこちらから↓

[産経新聞/イザ!] 【外信コラム】上海余話 “日本人狩り”

 私自身の場合、中国ではなく韓国ですが似たような経験をしたことがあります。もう10年ほど前ですが、仕事でソウルを訪れた際に、集合時間まで少し時間が余ったので、現地の美術館をふらっと訪れてみたときのことです。

続きを読む…

落し物が本人の元に返ってくる国―ちょっとホコホコな話その1

社会・政治 | 2009年11月22日 | 22,028 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 当ブログのソースメディアとして、いつもお世話になっている産経新聞の紙面から、ちょっとホコホコな記事を拾ってきましたので、その中からいくつかご紹介したいと思います。

落し物が本人の元に返ってくる国「ニッポン」

 高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したイギリス出身の世界的な劇作家、トム・ストッパード氏が授賞式典に出席するため、来日した際のエピソードです。

 伊豆急河津駅のホームで電車を待ってたストッパードさんは、到着した電車が自分の乗るべき電車なのか分からなかったため、ホームに荷物を置いたまま、電車に乗って確認しようとしました。

 そしたら次の瞬間、電車のドアは閉まり、財布、パスポート、クレジットカードなど、ストッパードさんの全ての荷物をホームに残したまま、無情にも電車は河津駅を出発…

 慌てたストッパードさんは、そのとき唯一の所持品だった携帯電話で友人に連絡したところ「日本という国は、君があとでバッグを取りにいっても、その場に残っている」との返事が。

続きを読む…

オムロン「スマイルスキャン」、米タイム誌による「最低の発明」に選出!

サイエンス・テクノロジー | 2009年11月19日 | 10,372 views | 3 comments | 0 trackbacks |

 以前、当ブログでもご紹介したオムロンの笑顔度測定システム「スマイルスキャン」ですが、この度、米ニュース雑誌「TIME」による「The Five Worst Inventions」(5つの最低な発明)に選出されました。

当ブログでの紹介記事はこちら↓

世界が驚愕する日本の「スマイル」テクノロジー 笑顔度測定システム「スマイルスキャン」とは?

イギリスの国営放送BBCや高級紙テレグラフなど世界のメディアが取材に殺到!驚異の笑顔度測定システム「スマイルスキャン」とは?

 TIME誌では、毎年この時期「The Best Invention of the Year」(今年の最高の発明ランキング)を発表してきましたが、今年から「最低な発明」も選出するようになったようで、「スマイルスキャン」の他には「ガスマスクとしても使えるブラジャー」などが選ばれています。なお、「今年の最高の発明」は、NASAの「アレスロケット」でした。(アレスを選ぶのなら、日本の「HTV」がランクインすらしてないのが少し納得いきませんが…)

続きを読む…

「ミシュランガイド東京 2010」発売 東京は世界一の美食都市に?!

文化・伝統 | 2009年11月18日 | 7,085 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 レストランの格付けで知られる「ミシュランガイド東京」の出版記者会見が東京都庁でおこなわれ、10月20日に発売される最新の「2010年度版」の内容が明らかになりました。

[毎日新聞] ミシュランガイド:三つ星、世界最多11店…東京201

 仏タイヤメーカーのミシュランは17日、レストラン格付け本「ミシュランガイド東京2010」(20日発売)の概要を発表した。最高の三つ星には09年版から2店多い11店が選ばれ、パリ(09年版で10店)を抜き都市版で世界最多となった。二つ星は42店、一つ星は144店で計197店(前回は173店)に星がつき、発刊以来、都市版で3年連続の世界一となった。

編集責任者ナレ氏「東京は世界第1の美食の街」

[オリコン] 『ミシュランガイド東京2010』三ツ星は世界最多11軒~居酒屋、焼き鳥店も新たに登場

 ミシュランガイド総責任者のジャン=リュック・ナレ氏は「今年も星付き店のみの掲載となりましたが、これは東京の美食が世界トップレベルにあることの表れだと思います」と語り、“美食の街・東京”を称えた。

続きを読む…

世界に進出する日本の鉄道 新幹線の安全性と技術の高さをアピール

経済・産業 | 2009年11月17日 | 17,240 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 JR東海は16日、世界各国の政府関係者らを東海道新幹線に乗せ、米原~京都間の試験運行を実施。通常運行時の最高時速を大きく上回る332キロで走行するなど、フランスの「TGV」やドイツの「ICE」を上回る性能をアピールしました。

[asahi.com] 東海道新幹線、332キロで試験運転 各国関係者にPR

 この日「高速鉄道シンポジウム」に参加した米、英、マレーシア、エジプトなどの関係者ら約160人を乗せ、営業運転が終了した午後11時40分に米原駅(滋賀県)を出発。京都駅までの18分間のうち約2分間、時速330キロで運転。一時は332キロに達した。乗車した米テキサス高速鉄道交通協会のロバート・エクルス会長は「とてもスムーズな乗り心地だった。他の高速鉄道と比べても、競争力は十分にあると思う」と高く評価していた。

日本の新幹線、鉄道発祥の地イギリスへ

 少し前のニュースですが、日立製作所が製造した新幹線がイギリスの鉄道会社に納入されるというニュースが各紙に掲載されていました。

[産経新聞/イザ!] 日立の“新幹線”が英国に到着

 同車両は、ロンドンと英南東部のアシュフォードを結ぶ「ドーバー海峡トンネル連絡線」を走る“新幹線”。平成17年に英運輸省などと総額700億円で、納入と保守点検の契約を結んだ。現在、試運転中で12月から営業運転を開始する。

 全174両もの新幹線が日本を離れ、長旅の末、イギリス南部のサウサンプトン港に到着したのが8月17日。日本が誇る新幹線が、鉄道発祥の地であるイギリスを走ることになるとは、なかなか感慨深いものがありますね。

続きを読む…