落し物が本人の元に返ってくる国―ちょっとホコホコな話その1

社会・政治 | 2009年11月22日 | 22,028 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 当ブログのソースメディアとして、いつもお世話になっている産経新聞の紙面から、ちょっとホコホコな記事を拾ってきましたので、その中からいくつかご紹介したいと思います。

落し物が本人の元に返ってくる国「ニッポン」

 高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したイギリス出身の世界的な劇作家、トム・ストッパード氏が授賞式典に出席するため、来日した際のエピソードです。

 伊豆急河津駅のホームで電車を待ってたストッパードさんは、到着した電車が自分の乗るべき電車なのか分からなかったため、ホームに荷物を置いたまま、電車に乗って確認しようとしました。

 そしたら次の瞬間、電車のドアは閉まり、財布、パスポート、クレジットカードなど、ストッパードさんの全ての荷物をホームに残したまま、無情にも電車は河津駅を出発…

 慌てたストッパードさんは、そのとき唯一の所持品だった携帯電話で友人に連絡したところ「日本という国は、君があとでバッグを取りにいっても、その場に残っている」との返事が。

 次の伊豆稲取駅で下車したストッパードさんは一縷の望みをかけてインフォメーションセンターに連絡。携帯を駅員に渡し、事の経緯を説明してもらったとのこと。

 約30分後、ストッパード氏が本来、乗るはずだった電車が稲取駅に到着。同氏が指定席に乗り込むと、席には「荷物が置かれていた。しかも駅員さんもいて礼儀正しく挨拶(あいさつ)してくれた」。こんなエピソードを披露し、「日本という国は素晴らしい」と結んだストッパード氏。

全文はこちら↓から読むことができます。

 上記の記事は、懇談会の場で日本人記者に対してストッパードさんが語ってくれた内容を元にしていますが、おそらくストッパードさんは帰国後、ご家族や周りの友人などに対しても、今回の出来事を話すのではないでしょうか。そうして「日本は素晴らしいモラルのある国」と感じてくれる人が一人でも増えることは嬉しいことですね。

 落し物が返ってきてビックリ!的な話は、以前に当ブログでご紹介した書籍にも記述がありました。ご興味のある方は、こちら↓の記事をどうぞ

次回、パート2に続きます。

この記事のタグ:
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (1件)

  1. 2011年12月16日 16:32 | #1

    落とし物や忘れ物が返ってくるのは大変嬉しいですね。Okobanというオンラインの所有物登録/発見連絡サービスがあります。日本では落とし物はまず交番に届けますね。そんな国は日本しかないようですので、交番に尊敬の意を込めてOkoban. Okobanの商標とIDコードがついたスーツケースなどが旅行用品店などで売っています。持ち主はそのIDコードをOkobanサイトに登録しておけば、それが万一忘れ物となった場合、発見者が持ち主に発見連絡をメールで届けられるようになっています。忘れ物はしたくないですが、してしまった場合それが返ってくるような思いやり深い社会って、安心感と幸福度が高いと思います。

投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。