映画「アンを探して」宮平貴子監督がダブル受賞=シンガポールの映画祭

エンターテインメント | 2009年12月10日 | 1,726 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 シンガポールでおこなわれた国際映画祭「アジアン・フェスティバル・オブ・ファースト・フィルム」で、宮平貴子監督の「アンを探して」(Looking for Anne)が、最優秀作品賞と最優秀監督賞の2冠に輝きました。

[報知新聞] 宮平貴子監督に最優秀作品賞と最優秀監督賞

 新人監督らの作品を対象とする同フェスティバルは今年で5回目だが、日本の作品が受賞するのは初めて。今回は25か国・地域の700作品以上の応募があった。

 「アンを探して」は、カナダの美しい島を舞台に、ある少女が、小説「赤毛のアン」を手掛かりとして、亡き祖母の初恋の相手を探すというストーリー。主人公の少女・杏里を、とんねるず・石橋貴明の長女、穂のかが演じています。

 宮平貴子監督は、出身地の沖縄で自主映画を撮り始め、その後、カナダに渡り、映画「Keiko」や「KAMATAKI -窯焚-」などで知られるクロード・ガニオン監督に師事。今回の「アンを探して」で、初の長編監督に抜擢されました。

 「アンを探して」は、東京「シネカノン有楽町1丁目」ほか全国主要都市の映画館で上映中です。

この記事のタグ: ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。