海外に進出するAKB48 アキバ発のアイドルグループが世界を席巻する日も近い?

エンターテインメント | 2010年01月16日 | 5,178 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 秋葉原発のアイドルグループAKB48をプロデュースする秋元康さんの元に、タイ、シンガポール、中国、イタリアなど、世界各国のテレビ局や番組制作会社などから、グループのアイデアや形式の権利を購入したいという打診が殺到しているようです。

[読売新聞] AKB48の姉妹版、世界に広がる?

 海外版AKB48は、「欧米をまねた時代は終わり。日本の文化をそのまま輸出する」と秋元さんが構想。▽専用劇場で必ず会える▽メンバーは48人でグループ名は「○○48」▽高校の制服風の衣装▽楽曲は秋元さんの作品を使用――等“日本版のアイドルの作り方”が各国共通のフォーマット(形式)として販売される。

まさに世界が注目する「AKB商法」と言ったところでしょうか。

海外で成功する秘訣とは

 秋元康さんがAKB48の海外展開について語っているインタビュー記事が、産経ニュースに掲載されていました。

[産経新聞/イザ!] 秋元康が語るAKB48「なんだ、これは!!で勝てる」

 AKB48とは何なのかというフォーマットが分からないところが勝機だと思っています。何だか分からないというのが、最大のコンテンツになる。

 これまでだと、たとえばブルーマン。何だそれは!!となったから面白いんです。AKB48も「何だ、これは!!」ってなるから、これは勝てるっ、と思うんです。ただ、それには時間が必要です。

 確かに世界に進出している日本のポップカルチャーやオタク文化は、アイドルグループに限らず、アニメ、漫画、ファッションなど、いずれも強烈なインパクトを持っていることは確かですね。

アジアではブレーク寸前?香港メディアも注目

[シネマトゥデイ] AKB48は中国でも大人気!秋葉原イベントに香港のケーブルテレビも取材に駆けつける

 この日のイベントには、日本のマスコミに加えて、香港のケーブルテレビ「香港CENチャンネル」も取材に駆けつけた。早速、取材を終えた同局スタッフに話を聞いてみると、AKB48は中国や香港でも大人気だそうで、「ここまで大所帯のアイドルは中国にも香港にもいない。制服姿もかわいいし、日本の文化として注目されている」とその人気が確実に浸透しつつあると語ってくれた。

 香港では、AKB48の姉妹ユニット「SKE48」が、昨年の4月に開催されたアニメ・キャラクターイベント「C3 in Hong Kong 2009」に公演をおこなっていました。

この記事のタグ: , , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。