エルトゥールル号の海底発掘調査で金貨など見つかる 映画化の企画も進行中

文化・伝統 | 2010年01月27日 | 5,716 views | 0 comments | 1 trackback |

 1890年に嵐のために和歌山県串本町樫野沖で沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遺品発掘調査で、金貨1枚と銀貨1枚が新たに発見されました。

[紀伊民報] 金貨と銀貨を発見 串本沖のトルコ軍艦遺品発掘

 120年前に串本町樫野沖で沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遺品発掘調査で、調査団は25日、イギリスの1ポンド金貨と日本の1円銀貨を発見したと発表した。トゥファン・トゥランル団長(57)は「貴重な遺品を引き揚げることができてうれしい」と話している。

 エルトゥールル号は、オスマン帝国時代の木造軍艦で、1890年に明治天皇に親書を献上するため横浜港に寄港し歓迎を受けます。しかし、帰路に就く途中、和歌山県串本沖で台風に遭遇し沈没。地元住民による献身的な救護活動が、その後の日本とトルコの友好関係につながったと言われています。

 エルトゥールル号にまつわるエピソードについては書籍「世界が愛した日本」の中で詳しく描かれています。当ブログによるレビュー記事はこちら

エルトゥールル号を題材とした映画化の話も

 エルトゥールル号の遭難事故を題材とした映画を制作するという動きが始まっているようです。

[紀伊民報] エ号の映画企画書が完成 各方面に協力依頼

 和歌山県串本町が取り組むエルトゥールル号の遭難をテーマにした映画制作に向け、劇場映画「エルトゥールル」(仮題)と題した企画書が完成した。史実に基づき、遭難当時の島民の必死の救助劇が生き生きと描かれている。田嶋勝正町長と映画監督の田中光敏さんらが24、25日、東京でトルコ大使館や外務省などを訪ね、「日ト友好の原点」の映画化実現に向けて協力を求めていく。

 まだ企画段階とのことで、本当に映画化されるかは未定ですが、この事件を多くの人に知ってもらうためにも是非実現して欲しいですね。

この記事のタグ: , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加
  • 四条 たか子、井沢 元彦
  • 定価 : ¥ 1,365
  • 単行本 | 竹書房 | 2008-07-28
  • レビュー評価 : 4.5 (11 reviews)
5日本人に誇りが持てる感動の名著。
5泣ける映画より素晴らしい史実があるっ...
5桜が咲き誇る美しい国、日本
5母国を愛せる人こそ、他国を愛すること...
5日本人として生まれてきてよかった

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (1件)

  1. 2010年12月17日 16:21 | #1
    【120年前にあったこと】海の翼 「いつの日か、かならず、日本に思返しをし [...] 続きはこちら
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。