映画「コララインとボタンの魔女 3D」の上杉忠弘氏がアニー賞の最優秀美術賞

エンターテインメント | 2010年02月09日 | 2,931 views | 0 comments | 0 trackbacks |

コララインとボタンの魔女 3D

 米ロサンゼルスで開催された「第37回アニー賞」の授賞式において、3Dアニメ映画「コララインとボタンの魔女 3D」のコンセプトアートデザインを担当した上杉忠弘さんが最優秀美術賞を受賞しました。日本人が同賞を受賞するのは史上初の快挙とのこと。

 アニー賞は「アニメ界のアカデミー賞」とも言われ、過去には宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4部門を受賞しています。

[ウォーカープラス] 日本人イラストレーター、3Dアニメ映画でアニー賞初受賞の快挙!

 『コララインとボタンの魔女 3D』は、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(93)のヘンリー・セリック監督による長編ファンタジー・アニメーション。ボタンの目をした人々が暮らす奇妙な世界に迷い込んだ少女の、おかしくてちょっぴり怖い冒険を描く。上杉氏はキャラクターとセットのデザインを担当しており、彼がセリック監督に送ったイラストが“パラレル・ワールド”という映画全体の世界観に決定的な役割を果たしたという。

[cinemacafe.net] 日本人初! 『コララインとボタンの魔女』アニメ界のアカデミー賞で美術賞受賞

 同授賞式に出席した上杉さんは、この快挙を受け「まさか自分が受賞すると思っていなく、お客さん気分で楽しんでいたので、名前を呼ばれた瞬間は頭が真っ白になりました。監督からもおめでとう、おめでとうと何度も言ってもらえて、とても嬉しい気持ちでいっぱいです」とコメント。

 「コララインとボタンの魔女 3D」は、2月19日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国の映画館にて一斉公開されます。

この記事のタグ: , , , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。