日本のウイスキーが最高賞 サントリーが今年のディスティラー・オブ・ザ・イヤーに輝く

文化・伝統 | 2010年03月03日 | 5,171 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 イギリス・ロンドンで開催されたウイスキーの国際的な品評会「アイコンズ・オブ・ウイスキー 2010(Icons of Whisky 2010)」において、サントリーが「ディスティラー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したと発表されました。

 ウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が主催する同賞は、業界に著しい貢献を果した企業やメーカーを年間を通じて1社選定するもので、日本企業では初めての受賞とのことです。

 サントリーといえば、小雪さんが出演する「おいしいハイボールの作り方」の動画が、YouTubeで100万ビューを超えるなど色々な話題を提供してきましたね。

 また、同時に発表された「ワールド・ウイスキー・アワード(World Whisky Award)」では、サントリーの「響21年」がブレンデッドウイスキー部門の最高賞に、ニッカウヰスキーの「竹鶴21年」がピュアモルトウイスキー部門の最高賞に選ばれています。

 ジャパニーズ・ウイスキーは世界的に見ても高い評価を得ているようですね。

この記事のタグ: , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。