「iPhone+日本のネット回線」で人生が変わった外国人ランナーのお話

サイエンス・テクノロジー | 2010年04月25日 | 7,048 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ITmediaに面白い記事が掲載されていましたのでご紹介します。

[ITmedia] 日本の3GとiPhoneで「人生が変わった」 東京マラソン“Ust実況ランナー”が見た景色

 英国出身のジョセフ・テイム(32)さんが来日して驚いたのは、「3G回線の速度が故郷よりも速い」ことだった。日本の3G回線を使って何かやりたい――そう考え思いついたのが、iPhoneを使った動画のライブ配信だ。

 テイムさんが来日した当時、イギリスの3G回線は速度が遅く料金も高いため、日本ほど一般には普及していなかったようで、日本人が携帯で時刻表を調べたり、普通に漫画を読む姿を見て「本当にすごい!」とカルチャーショックを受けたとのこと。

 そんなテイムさんですが、今年2月におこなわれた東京マラソンでは、なんと3台のiPhoneを装備してフルマラソンに挑戦。各iPhoneの使用用途は次のとおり。

  • 1台目:ライブ映像配信用(使用アプリ「Ustream」)
  • 2台目:Googleマップ上に現在位置をリアルタイム表示(使用アプリ「Glympse」)
  • 3台目:Twitterクライアント(使用アプリ「TweetTalk」)

 レース当日、Twitterには応援コメントが予想以上に多数寄せられたようです。また、Ustreamの映像配信を見た日本人親子からはカレーパンの差し入れを貰い、「これは夢か」と感激したとのこと。

 これがきっかけで日本の友達が増えたテイムさんは、UstreamとTwitterを快適に使える日本の3G回線のおかげで「人生が変わった」と結んでいます。

日本のネット回線は世界トップクラス

 日本のネット回線の品質は、世界と比較してどのくらいの位置にいるのでしょうか? そんな疑問に答えてくれる記事がありました。

 こちらは3G回線ではなく、あくまでブロードバンド回線を比較対象としたものですが、接続速度と料金の安さで日本がダントツの1位。2位の韓国と3位フィンランドにも大きく水をあけています。

 かつての日本のネット環境(家庭向け)は、アナログ回線→ISDN→ADSL→…と迷走したことから、欧米各国や韓国と比較して立ち遅れを懸念する声が聞かれた時期もありましたが、気が付けば世界一の座に立っていたようですね。NTTやKDDIをはじめとする回線業者の皆さまグッジョブ!

3G回線の不安定要素はアダルト利用が原因!?

 その一方で、ちょっとトホホな記事が同じくGIZMODEに掲載されていました。

 この記事によると世界最高水準を誇る日本の3G高速移動通信網が、深夜帯に集中するポルノ動画のダウンロードのため不安定になることがある、と報じています。

 まぁ、いつの時代も「技術革新は軍事産業とアダルト産業がけん引する」という話を聞いたことがありますが、あながち間違っていないのかもしれません(笑)

この記事のタグ: , , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加
  • 堀 正岳、佐々木 正悟
  • 定価 : ¥ 1,659
  • 単行本(ソフトカバー) | 技術評論社 | 2009-10-21
  • レビュー評価 : 4.0 (26 reviews)
5「情報整理術」というタイトルでくくる...
4時間対効果を考えると・・・
5iPhoneで全ての情報に一元的にアクセス...
4iPhoneの実力を最大限に発揮させるための本
4iPhoneユーザーの道しるべ

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。