探査機「はやぶさ」帰還に対する海外の反応「宇宙史に残る偉業」「地球誕生の謎解明に期待」

サイエンス・テクノロジー | 2010年06月16日 | 108,875 views | 7 comments | 2 trackbacks |

はやぶさ

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)による小惑星探査機「はやぶさ」が13日、約7年間60億キロにもおよぶ長旅を終え、ついに生まれ故郷である地球に帰ってきました。燃料漏れやイオンエンジンの故障など、たび重なるトラブルを乗り越え、満身創痍となりながらも、奇跡の帰還を果たしました。

 探査機本体は大気圏突入時の熱で燃え尽きましたが、突入前に分離した耐熱カプセルは無事に回収。今後、カプセルの中に小惑星「イトカワ」表面の微粒子が含まれているかどうかの解析が進められます。

[JAXA] 「はやぶさ」大気圏突入/カプセルも発見 / トピックス

 日本時間6月13日19時51分に「はやぶさ」は無事カプセルを分離し、日本時間6月13日22時51分頃には大気圏に突入しました。

 2003年5月9日にM-Vロケットで打ち上げられてから約7年間、イトカワに着陸し、サンプル採取作業を行い、再び地球に帰還するという難事業を、幾多の困難を乗り越え成し遂げることができました。

 はやぶさが地球の大気圏に再突入した瞬間、私もUSTREAMの生中継を見ていたのですが、燃え尽きながら美しい弧を描いて落ちていく様は、まさに「最後の華」といった感じで、非常に感動的でした。

はやぶさ USTREAM 動画

 また、その際に撮影された美しい写真の数々は下記のページ等で見ることができます。どれも非常のキレイなのですが、個人的には読売新聞の写真が一番好きです(朝日新聞のは、なんかキレイ過ぎて額に入れて部屋に飾って置きたい感じ)

はやぶさ帰還に対する海外の反応

 月より遠方の星に着陸した探査機が地球に帰還したのは史上初。また、もしカプセルに小惑星の試料が入っていれば、それを詳しく分析することで地球誕生の謎を解明する手掛かりが得られると考えられており、世界的にも大きな注目を集めているのです。

 以下、海外メディアの報道から一部ピックアップでご紹介します。

■イギリス

 英国国営放送BBCは「日本のはやぶさ、小惑星探査ミッションを終えて帰還」と題したこちらの記事において、「小惑星の試料を地球に持ち帰った人類初のミッション」とその功績を称えています。この記事によると、カプセルの中にほんのわずか数ナノグラムの塵でも含まれていれば、45億年前の地球誕生の謎を解明する新たな手掛かりになると科学者の言葉を引用した上で伝えています。

■韓国

 韓国メディアYTNでは「はやぶさ7年ぶりに帰還」と題したこちらの記事で「日本の宇宙開発は、米国やロシアよりも大幅に遅れたが、日本の科学者たちは再三の失敗にも決して挫折せず、執念と努力によって宇宙大国の仲間入りを果たした」と紹介。

 韓国のロケット打ち上げは、これまでに2回連続で失敗していますが、かつての日本も4回連続で失敗していることに言及。韓国の科学者たちは日本に見習い、国民とともに忍耐力をもって努力し続けることが重要だと指摘しています。

■オーストラリア

 はやぶさのカプセルが着地したオーストラリアでは、各局のTVチャンネルで落下時の映像が配信されるなど、かなり大々的に報じられているようです。

 また、オーストラリアを代表する新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド」では、帰還前の8日付のこちら記事で「40億キロを旅してきた“スペースインベーダー”がオーストラリアに狙いを定めた」と衝撃的(?)な見出して報道。「満身創痍の探査機を帰還させたこと自体が驚くべき成果だ」と称賛しています。

■アメリカ

 はやぶさプロジェクトでJAXAと協力関係にあったNASAでは、はやぶさの特設ページを開設するなど大きく報道。こちらの記事では「はやぶさは、小惑星に着陸後、地球に帰還するという人類初のミッションを達成した」と説明しています。

 また、この記事の中でNASAの科学者トミー・トンプソン氏は次のように語っています。

 はやぶさの帰還に死力を尽くした日本およびNASAの技術者・科学者たちの素晴らしい共同作業を誇りに思っています。確かに、もし小惑星イトカワの試料を採取できていれば、太陽系誕生の歴史を知る上で貴重な見識をもたらすことでしょう。ただし、それは「アイス・オン・ザ・ケーキ アイシング・オン・ザ・ケーキ(icing on the cake:「あったら良いけど、なくても構わない」=「単なるおまけ」的な意)」に過ぎないのです。なぜなら、今回のミッションを通じて、既に我々は非常に多くのことを知り得たからです。

 最後に、この記事に寄せられた視聴者からのコメントで印象的なものがあったのでご紹介します。

 私は自分の息子といっしょに、はやぶさが地球に再突入する映像を見ました。これは驚くべきものです!ちょうど息子が生まれた2003年に、はやぶさは出発し、そして今、はやぶさは再び彼の目の前に戻ってきました。私はこのプロジェクトが子供たちに大きな夢を与えたと確信しています。

ありがとう、JAXAとNASA!

この記事のタグ: , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加
  • 定価 : ¥ 2,100
  • おもちゃ&ホビー | 青島文化教材社 | 2010-06-06
  • レビュー評価 : 5.0 (15 reviews)
5タイムリーであることを評価したい
5到着前に完成させてみた
5帰還直前に発売された快挙!
5地球帰還に間に合いましたね。感動です
5はやぶさ帰還まであと1日

コメント (7件)

  1. 通りすがりさん
    2010年06月16日 13:03 | #1

    うpありがとうございます。
    これは出来ましたら訂正をお願い致します。

    >ただし、それは「アイス・オン・ザ・ケーキ(icing on the cake:「あったら良いけど、なくても構わない」=「単なるおまけ」

    icing on the cakeアイシング・オン・ザ・ケーキ
    アイシング
    ケーキにさらに「アイシング」良い事が2つ重なるという意味です

    あると望ましいが不可欠ではない補足的な仕上げ

  2. 名無しさん
    2010年06月16日 13:44 | #2

    地球誕生の謎が少しでも解明できるといいね!!!

  3. 名無しさん
    2010年06月18日 13:46 | #3

    はやぶさ素晴らしいです!
    7億kmの旅からの帰還おめでとう!

    おかえり。そして、ありがとう。

  4. 一理系人さん
    2010年06月21日 00:11 | #4

    これほど世界中に感動と希望を与えたプロジェクトはありません。是非、はやぶさ2を即復活させて、国際的な優位を保ち続けるべきです。それがひいては産業の活性化や国益にかなうことになると思います。(高校授業料の無償化よりも大きな効果があるのでは)
    JAXAの皆さん、本当にありがとうございました。

  5. 名無しさん
    2010年07月11日 19:07 | #5

    NASA意味不明

  6. 名無しさん
    2010年11月21日 21:31 | #6

    JAXAのみなさんおつかれさまでした
    イトカワの粒子の解析がんっばってください

  7. 宗治さん
    2011年10月01日 04:09 | #7

    はやぶさ帰還 おめでとう 着陸地点を提供してくれた オーストラリア政府さん有難う
    JAXSA NASA これからも頑張って下さい。

投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (2件)

  1. 2010年06月16日 21:03 | #1
    「はやぶさ」帰還を絶賛の蓮舫に、「おまえが言うな」のツッコミ多数 1: ★ [...] 続きはこちら
  2. 2010年07月08日 18:33 | #2
    【海外の反応】不死鳥の飛翔 Hayabusa さて・・・ またしても [...] 続きはこちら
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。