海外セレブをも虜にする「日本のトイレ」事情

経済・産業 | 2010年07月28日 | 24,515 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 映画「インセプション」に主演するレオナルド・ディカプリオや「ソルト」のアンジェリーナ・ジョリーなど、大物ハリウッドスターの来日が相次いていますが、その理由は意外にも「日本のトイレにあった?!」とZAKZAKが報じています。

[ZAKZAK] ハリウッド来日ラッシュ裏事情…日本のトイレ大人気?

 そして、ここからがポイントなのだが、招かれたスターは、軒並み親日家になってしまうそうだ。

 「パパラッチは少ないしファンは好意的だし、辛辣な質問をするような記者は会見で指名されない。ホテルはスイートで、食事は最高級の和食に神戸ビーフ…日本側が気持ちのいい滞在になるよう努力している」

 欧米には珍しい、トイレの“お尻洗浄機能”もハリウッドセレブには大人気だ。景気が悪くても、彼らにとっては今も黄金の国・ジパングなのである。

 ということで、日本が世界に誇る「ハイテク・トイレ」が、大物スターの来日ラッシュに一役買っているのでは?と分析しているようです。

日本のトイレ好きなハリウッドスターたち

 実際のところ、海外セレブの間では日本のトイレが大人気なんだそうです。少し古い記事もありますが、漁ってみました。

■マドンナ

「暖かいトイレシートが恋しかったわ」

 「日本に来たと実感した瞬間は?」という質問にマドンナが答えた一言。マドンナが、2005年に来日したときの有名なエピソードですね。(情報ソース:ワーナーミュージックのこちらのページより)

■ウィル・スミス

「日本のトイレの機械を取り付けたんだ。トイレットペーパーが必要ないんだよ。トイレに座るとバッチリの場所に水が当たって洗ってくれる。その後は乾かしてくれるんだ。ハンズフリーさ。」

 数年前、自宅に日本式トイレを設置したウィル・スミスが、記者からのインタビューに答えて。(情報ソース:シネマトゥデイのこちらのページより)

 他にもレオナルド・ディカプリオが、30万円以上するTOTO製の高級ウォシュレットを自宅用に購入したと報じられたこともありましたね。

 日本では、もはや当たり前になった「温水洗浄便座」ですが、海外での普及はまだまだのようで、今後も来日するスター達を魅了し続けることは間違いなし?!ですね。

この記事のタグ: , ,
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加このエントリをGoogleに追加

コメント (0件)

  1. コメントはまだありません。
投稿されたコメントは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくコメントを削除または一部修正させていただく場合があります。

トラックバック (0件)

  1. トラックバックはまだありません。
トラックバックURL:
送信されたトラックバックは即座に反映されない場合があります。
編集部の判断により、予告なくトラックバックを削除または一部修正させていただく場合があります。