月別アーカイブ

2010 年 12 月

トルコの原発受注、韓国にほぼ決定?→日本が巻き返し交渉で逆転締結

経済・産業 | 2010年12月28日 | 11,290 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 ベトナムやトルコなど海外での原発建設をめぐって、日本企業による受注がかなり具体なところまで来ているようです。

ベトナムの原発建設で基本合意

 ベトナムで進められている原子力発電所建設計画の第2期工事においては、官民一体の「オールジャパン」で売り込みをおこなった結果、今年の10月、日本が受注に向けての基本合意に達しました。

[asahi.com] レアアース共同開発に合意 日本・ベトナム 原発事業も

 菅直人首相は31日午前(日本時間同)、ハノイ市内でベトナムのグエン・タン・ズン首相と約1時間40分会談した。両首脳はベトナムにあるレアアース(希土類)を共同開発することで合意。ベトナムが国内で進めている原子力発電所2基の建設を日本側が受注することも決まった。

 日本が受注に至った背景には、レアアース(希土類)の確保をめぐり「脱・中国依存」を進めたい日本側と、鉄道や港建設などインフラ整備用の資金提供を期待するベトナム側の思惑が一致したものとみられています。

トルコでは日本が韓国を抑え逆転締結

続きを読む…

小澤征爾さんがニューヨークで復帰公演、米メディア絶賛「感動的で霊感的」

文化・伝統 | 2010年12月23日 | 5,086 views | 0 comments | 0 trackbacks |

Japan NYC

 世界的指揮者の小澤征爾(おざわ せいじ)さんは18日、米ニューヨークのカーネギーホールでおこなわれた3日間の公演を無事に終えました。食道がんの手術から復帰して以来、本格的に指揮をおこなうのは今回が初めてとなります。

 復帰初日となった14日と続く15日の公演では、ブラームスの「交響曲第1番」などの指揮を披露しましたが、公演の前半部分は下野竜也さんが代振りを務めたことから、体調面を心配する声も聞かれました。

 しかし、最終日となった18日には、ブリテンの「戦争レクイエム」を90分にわたって単独で指揮。持ち味のダイナミックな動きでサイトウ・キネン・オーケストラを導き、素晴らしい演奏を披露してくれました。演奏終了後には2000人の観客が総立ちで10分近くも拍手を送り続けたとのことです。

米紙も絶賛「完全な統率と愛情」

 多くの人が待ち望んだ小澤さんの復帰公演に対し、辛口で知られるアメリカの現地メディアも称賛の声を寄せているようです。

続きを読む…

脱ゆとり教育の成果? 日本の学力低下に歯止め、アジア勢が上位を独占=OECD国際学力テスト

社会・政治 | 2010年12月09日 | 14,583 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 経済協力開発機構(OECD)は7日、65の国と地域が参加した国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)の最新の実施結果を発表しました。

 これによると日本は読解力で8位(前回15位)、数学的リテラシーは9位(前回10位)、科学的リテラシーは5位(前回6位)と2006年におこなわれた前回調査からいずれの分野でも上昇がみられました。

学力低下に歯止め、新たな課題も

 かつての日本は、数学と科学の両分野で世界のトップレベルにありましたが、2003年を境にいずれの分野でも下降に転じ、2006年の調査ではさらに下落傾向が続いたことから「PISAショック」と呼ばれ、脱ゆとり教育のきっかけともなりました。

続きを読む…

小林可夢偉がルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞!=英誌発表

スポーツ | 2010年12月07日 | 8,699 views | 0 comments | 0 trackbacks |

AUTOSPORT KAMUI

 イギリスのモータースポーツ専門誌「AUTOSPORT」が選ぶ「AUTOSPORTアワード2010」の各賞が発表され、今季ザウバーからF1フル参戦を果たした小林可夢偉がルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

 同賞はF1のみならず、モータースポーツの全てのカテゴリの中からファン投票によって1名選出されるもので、F1のビタリー・ペトロフやWRCのキミ・ライコネンなど他の有力ドライバーを抑えての受賞は非常に価値のあるものと言えますね。

続きを読む…

カシオの電卓がインドでバカ売れ!? アジアに浸透する日本の文具

経済・産業 | 2010年12月01日 | 11,491 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 カシオ計算機が製造する電卓が、いまインド国内で飛ぶように売れているそうです。インドといえば「インド式計算」で知られるように数学教育が盛んな国として有名ですが、なぜ日本の電卓がこれほど高い支持を得ているのでしょうか。

[SankeiBiz] カシオ「数学大国」に浸透 インドで関数電卓の販売好調

 「『表示が従来のものと違い便利』と、顧客の反応もいい」。ニューデリー中心部の文房具店の女性店員、バルカ・アロラさん(24)はカシオ電卓の機能を絶賛する。

 カシオはインドの商習慣に合わせ、10万と1000万をコンマで区切るインド仕様電卓を今年8月に売り出した。大きさの異なる数機種は390~500ルピー(約700~900円)と手ごろで、同店では1カ月に約40個売り上げる。

 学生向けの関数電卓では9割のシェアを占めているそうで、いまや「カシオ」は電卓の代名詞ともなっているそうです。

続きを読む…