カテゴリー別アーカイブ

社会・政治

世界平和度ランキング2011 日本3位キープ 震災や原発事故の影響は?

社会・政治 | 2011年06月01日 | 22,377 views | 0 comments | 0 trackbacks |

vision-of-humanity

 イギリスの調査機関が世界153カ国の治安状況や政情・軍事費などを独自に分析し、ランク付けした「世界平和度指数(GPI)」の2011年度版が公表されました。

 これによると、日本は昨年に引き続き第3位をキープ。ランキングのトップはアイスランドで、最下位はソマリアとなっています。

国家的危機が逆に平和度の高さを証明?

 日本は、他の先進国と比較して重大犯罪の発生率が極端に少なく、都市部でも治安が良いことが高い評価に繋がっているようです。

続きを読む…

[東日本大震災]世界各国から激励の声まとめ Pray for JAPAN

社会・政治 | 2011年03月18日 | 116,749 views | 2 comments | 0 trackbacks |

 3月11日に東北地方太平洋沖で発生したマグニチュード9.0の巨大地震により、震源に近い宮城、岩手、福島を中心に甚大な被害が発生しています。

 日本で起きた超巨大地震は、世界各国のメディアでも大きな関心をもって報じられており、その中には、未曽有の災害に対し毅然と立ち向かう日本人の姿が驚きと賞賛をもって伝えられている報道も少なくありません。

 例えば、CNNでは次のように報じています(Twitterの書き込み等から抜粋)

「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」

東北関東大震災に対する海外の反応

 当ブログでは、一人でも多くの日本人が未来に向けた勇気と希望を持ってもらえるように、各メディアで報じられた海外の反応を中心にまとめました。

続きを読む…

脱ゆとり教育の成果? 日本の学力低下に歯止め、アジア勢が上位を独占=OECD国際学力テスト

社会・政治 | 2010年12月09日 | 14,583 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 経済協力開発機構(OECD)は7日、65の国と地域が参加した国際学力テスト「学習到達度調査」(PISA)の最新の実施結果を発表しました。

 これによると日本は読解力で8位(前回15位)、数学的リテラシーは9位(前回10位)、科学的リテラシーは5位(前回6位)と2006年におこなわれた前回調査からいずれの分野でも上昇がみられました。

学力低下に歯止め、新たな課題も

 かつての日本は、数学と科学の両分野で世界のトップレベルにありましたが、2003年を境にいずれの分野でも下降に転じ、2006年の調査ではさらに下落傾向が続いたことから「PISAショック」と呼ばれ、脱ゆとり教育のきっかけともなりました。

続きを読む…

「国のブランド力」日本と中国 意外な大差が付いた理由は?=米コンサル会社調査

社会・政治 | 2010年11月14日 | 34,384 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 アメリカの大手ブランド・コンサルティング会社フューチャーブランド社は12日、独自調査による「国別ブランド力」のランキングを発表。日本は昨年の7位から順位を1つ上げ6位となり、アジア諸国の中ではトップの座を堅持しました。

 このランキングは、その国における産業、投資、観光などの魅力と可能性を「カントリー・ブランド・インデックス(CBI:Country Brand Index)」として数値化したもの。首位に立ったのはバンクーバー冬季オリンピックの開催に沸いたカナダとなり、以下2位にオーストラリア、3位ニュージーランド、4位アメリカ、5位スイスとなっています。

続きを読む…

生活の豊かさランキング、日本は11位=国連報告書

社会・政治 | 2010年11月08日 | 7,058 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 国連開発計画(UNDP:United Nations Development Programme)が4日発表した2010年版「人間開発報告書」によると、国民生活の豊かさを示す「人間開発指数(HDI:Human Development Index)」において、日本は0.884のスコアで169カ国中11位だったことが分かりました。

 1位は0.938のノルウェーで、以下2位オーストラリア、3位ニュージーランド、4位アメリカ、5位アイルランドとなっています。

健康指数では日本がトップ

続きを読む…

英紙による世界の観光地ランキングで東京が第1位に! 外国人からみたTOKYOの魅力とは?

社会・政治 | 2010年11月05日 | 47,327 views | 1 comment | 0 trackbacks |

英紙による世界の観光地ランキング

 イギリスの有力紙ガーディアンが発表した「満足度の高い観光地ランキング」において、都市別部門で東京が第1位に輝きました。また、国別部門でも日本はモルディブに続く第2位に選ばれています。

 このランキングは全部で22部門あり、いずれも読者からの投票によって各賞を決めるもので、イギリスでは最も権威ある旅行賞の1つと言われています。

続きを読む…

米紙「真の国家ランキング」を発表、総合1位はフィンランド、日本は第何位?

社会・政治 | 2010年09月04日 | 10,608 views | 2 comments | 0 trackbacks |

総合国家ランキング

 米ニューズウィーク誌が独自に調査による「世界の国家ランキング」を発表。それによると、総合1位にランクされたのはフィンランド。以下、2位にスイス、3位にスウェーデンが入り、日本は全体の第9位にランクされています。

 これは世界の調査機関から寄せられたデータを基に、「教育」「健康」「生活水準」「経済動向」「政治環境」の5つの指標で集計をおこなったもの。フィンランドは平均89.40のスコアを記録し、総合第1位に輝きました。同誌では「これこそが真の国家チャンピオンだ」としています。

続きを読む…

[ブックレビュー] 坂井三郎著「大空のサムライ」

社会・政治 | 2010年08月15日 | 8,493 views | 0 comments | 0 trackbacks |
大空のサムライ

 この本は、太平洋戦争の最中、ゼロ戦(零式艦上戦闘機)を操縦し、出撃数約200回、撃墜数64機を記録した日本海軍のエースパイロット坂井三郎(さかい さぶろう)の物語(自叙伝であり回想録)です。

 「SAMURAI!」のタイトルで英訳版が出版されると、たちまち世界中で100万部ものセールスを記録。日本人の著書としては、欧米で最も多く読まれている作品のひとつですが、日本人の中で知っている人は意外にも少ないのではないでしょうか。私自身も最近までその一人でした。

この本との運命的な出会い

 記録によると私の祖父は太平洋戦争の末期、1945年3月にフィリピン島のボンドックで戦死したことになっています。当時、まだ祖母と結婚したばかりで、自分の子供の顔を1度も見ることなく異国の地で非業の死をとげることになるとは、さぞ無念だったろうと思います。

続きを読む…

有給取得ランキング 1位フランス、日本は最下位=なぜ日本人は休みがとれないのか

社会・政治 | 2010年08月11日 | 4,923 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 米ロイターは6日、世界主要国における有給休暇の取得に関する調査結果を発表しました。

[Reuters] 有給使い切る国の1位はフランス、日本は最下位

 ロイターと調査会社イプソスが有給休暇を使い切る労働者の割合を国別で調査した結果、フランスが89%でトップ、日本が33%で最下位であることが分かった。

 ランキングの上位と下位は下記のとおり。数値は有給を使い切った人の割合です。

続きを読む…

なぜか在日米軍司令部のサイトに萌えマンガ掲載、日米同盟の重要性を訴える

社会・政治 | 2010年08月07日 | 4,619 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 在日米軍司令部が日米同盟に関する漫画を掲載したことからネット上で話題になっているようです。

USFJ

 「わたしたちの同盟 ― 永続的パートナーシップ」と題した漫画が、在日米軍のホームページ上に突如掲載されたのが今月の4日。萌え系キャラが登場するという従来までの米軍のイメージとはかけ離れた内容だったため、2ちゃんねるやツイッター上では、

続きを読む…