タグ付けされた記事一覧

タグ: イタリア

村上春樹、よしもとばなな、日本人が海外の文化賞を相次いで受賞

文化・伝統 | 2011年06月16日 | 7,136 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 先月から今月にかけて、欧州各国の著名な文化賞が相次いで日本人に贈られていますので、ここでまとめて紹介したいと思います。

よしもとばなな氏にイタリア「カプリ賞」

 先月下旬、作家のよしもとばななさんがイタリアの「カプリ賞」に選ばれたことが発表されました。カプリ賞は1987年に創設されたイタリアでも著名な文化賞の1つで、授賞式は7月にイタリア南部の島「カプリ島」でおこなわれます。

 よしもとさんの代表作「キッチン」は世界30カ国以上で出版されており、これまでに「スカンノ賞」「フェンディッシメ文学賞」など多くの世界的な文化賞を受賞しています。

続きを読む…

今年のテーマは「日本」 ローマ国際映画祭でジブリ作品や黒澤映画に長蛇の列

文化・伝統 | 2010年11月10日 | 7,650 views | 0 comments | 0 trackbacks |

ローマ国際映画祭

 イタリアの首都ローマで「第5回ローマ国際映画祭(Festival Internazionale del Film di Roma)」が10月28日~11月5日の日程で開催されました。

 同映画祭では、毎年1つの国をクローズアップし、映画のみならず食やファッションなどその国の文化を大々的に紹介していますが、今年のテーマはなんと「日本」!  オープニング・イベントでは、コシノジュンコさんによるファッションショーもおこなわれました。

ジブリ作品や「世界のクロサワ」に長蛇の列

 映画祭のメインテーマの1つとして選ばれたのが「スタジオジブリ」のアニメ作品。宮崎駿監督による「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」「紅の豚」等のほか、国内では7月に公開された「借りぐらしのアリエティ」が海外の映画祭に初出品されました。

続きを読む…

世界で活躍する日本人ピザ職人たち 世界選手権でダブル制覇の快挙!

文化・伝統 | 2010年06月05日 | 11,101 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ちょっと前のニュースですが、世界で活躍する2人の日本人ピザ職人をご紹介します。

ナポリピッツァ世界選手権で日本人初優勝

 イタリア南部の都市ナポリで先月末に開催された「第9回 ナポリピッツァ世界選手権(IX edizione del Concorso Internazionale del Pizzaiuolo)」において、日本から参加した牧島昭成(まきしま あきなり)さんが、ピッツァナポレターナS.T.G.部門(大会メイン部門)で見事優勝しました!

 今年で9回目となった今大会には、地元ナポリのピッツァ職人をはじめ、世界中から150名もの料理人が参加し、伝統のナポリピッツァの味と腕前を競いました。同大会での日本人の優勝は史上初とのこと。

続きを読む…

イタリア「ぼったくり問題」続報 認証制度の導入へ 日本人被害者には直接謝罪も

社会・政治 | 2009年08月15日 | 9,752 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 イタリア・ローマで起きた日本人観光客に対する「ぼったくり事件」について、当ブログでは過去2回に渡ってお伝えしてきましたが、その続報が入ってきました。

まずは、これまでのおさらいから。

ローマの有名レストラン 日本人観光客への「ぼったくり」で営業停止に

イタリア・ローマにある有名レストランが、日本人観光客カップルに昼食代として約700ユーロ(約9万4000円)もの法外な料金を請求し問題に。

イタリア観光相 ぼったくり被害の日本人旅行者に呼びかけ「費用負担するから来て」

イタリアのブランビラ観光相が、この事件に関して謝罪し、イタリア政府の費用負担で再びローマを訪れてくれるよう被害者に呼びかけ。

イタリアのブランビラ観光相は次のように呼びかけています。

ブランビラ観光相

「政府が費用を負担するので、ひどい経験をした2人をローマにもう一度招待したい」
「2人の連絡先が分からないので、名乗り出てほしい」

 そして、その後の続報ですが、asahi.comのこちらの記事によると、今回被害にあったのは茨城県つくば市在住の山田康行さんとその恋人のカップルだったことが判明。

山田さん

「必要ありません。イタリアの税金を使うことになるのでむしろ困ります」
「何も言わなかった自分も不注意だった」
「文化の違いがあるし、店の問題。イタリアが嫌いになったわけではない。機会があればまた行きたい」

と、日本人らしくと大人な対応でやんわりとお断り。

 しかし、“日本式のお断り”の言い回しが通じなかったのか、それとも、ここで引き下がっては観光立国イタリアの名がすたる!と思ったのかは定かではありませんが、

続きを読む…

イタリア観光相 ぼったくり被害の日本人旅行者に呼びかけ「費用負担するから来て」

社会・政治 | 2009年07月25日 | 21,640 views | 2 comments | 1 trackback |

Michela Vittoria Brambilla 日本人旅行客がローマにある有名レストランで法外な値段を請求された「ぼったくり」事件について、以前こちらの記事でご紹介しましたが、イタリアのブランビラ観光相(写真)が、この事件に関して謝罪し、イタリア政府の費用負担で再びローマを訪れてくれるよう被害者に呼びかけていることが分かりました。

[asahi.com] ぼったくり被害者さま、再訪を 伊観光相「政府が費用」の記事より。

 観光相は21日、「親愛なる日本と世界の観光客の友人へ」と題した手紙を公表。「政府はホテルやレストランなどの価格やサービスをチェックし、観光客の権利を守るため監視委員会をつくる」とし、ぼったくり対策に本格的に取り組む姿勢を示した。

 ブランビラ観光相曰く、「イタリアは最高だということを分かってもらうために、政府が費用を負担するので、ひどい経験をした2人はもう一度ローマを訪れて欲しい」とのこと。

続きを読む…

ローマの有名レストラン 日本人観光客への「ぼったくり」で営業停止に

社会・政治 | 2009年07月08日 | 15,571 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 イタリア・ローマにある有名レストランが、日本人観光客カップルに昼食代として約700ユーロ(約9万4000円)もの法外な料金を請求し問題となっているとイル・メッサジェロ紙やレプブリカ紙などイタリアの複数のメディアが伝えています。

[asahi.com] ぼったくりランチ9万円 ローマの有名レストラン閉店という記事より

6月19日、ランチを楽しんだ日本人カップルが支払いを済ませようとした。ところがウエイターが持ってきた勘定書を見てびっくり。前菜が142ユーロ、パスタが208ユーロなど食事代だけで約580ユーロとなっていた。1ケタ間違っているものと思い、クレジットカードで支払ったところ、領収書にはチップとしてさらに約120ユーロが勝手に上乗せされ、合計で約700ユーロになっていたという。

[ロイター] ローマのレストラン、日本人観光客への「ぼったくり」で閉鎖という記事より

このカップルは、ナボーナ広場近くのレストラン「パセット」で、パスタとロブスター、ワイン、ジェラートを注文したところ、579ユーロの食事代と115ユーロのチップを請求され、驚いて警察に届け出ていた。

 その後、このカップルからの訴えによってローマのアレマノ市長が当局に抜き打ち検査を指示。その結果、複数の衛生法違反や行政違反が見つかり、同レストランに対して閉鎖を命じたとのこと。

続きを読む…