タグ付けされた記事一覧

タグ: コンテスト

日本の建築界が国際賞を相次ぎ受賞、ベネチア金獅子賞、プリツカー賞、リーフ賞など

文化・伝統 | 2010年09月25日 | 4,418 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 建築デザインの分野において世界的にも高い評価を得ている日本ですが、ここにきて日本人建築家の受賞が相次いでいるようですので、まとめてご紹介したいと思います。

■プリツカー賞:妹島和世氏、西沢立衛氏

[産経新聞/イザ!] 妹島、西沢両氏に米プリツカー賞 欧米でも活躍

 建築界のノーベル賞といわれる米プリツカー賞の主宰団体は28日、今年の同賞を日本の建築家、妹島和世(せじま・かずよ)氏と西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)氏に贈ると発表した。2人は共同の設計事務所SANAAで活動し、日本や欧米で数々の作品を残している。

 プリツカー賞は建築界のノーベル賞ともいわれる栄誉ある賞で、これまで日本人の同賞は、1987年の丹下健三氏(代々木第一体育館、東京都庁舎など)、1993年の槇文彦氏(幕張メッセ、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスなど)、1995年の安藤忠雄氏(サントリーミュージアム 天保山、ピューリッツァー美術館など)ら3人が受賞していました。

続きを読む…

日本のペイントマイスター、永塚伸洋さんが初優勝=自動車塗装の世界大会

人々 | 2010年09月21日 | 4,615 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 フランス・パリ郊外のクレルモンで開催された自動車補修塗装の世界一を決めるコンテスト「R-M ベストペインターコンテスト」において、日本から参加した永塚伸洋さん(ホンダボディサービス栃木)が見事優勝し、世界一の“ペイントマイスター”の座を手にしました。

 独BASF社が主催する同大会は今年で10回目。今回は世界17カ国から腕に覚えのある塗装技術者が集結し、3日間に渡る筆記および各種実技審査によって、総合的な塗装技能を競い合いました。

続きを読む…

タンゴの世界選手権で日本人女性のペアが優勝

文化・伝統 | 2010年09月02日 | 3,784 views | 0 comments | 0 trackbacks |

タンゴ世界選手権

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでおこなわれた世界最大のタンゴフェスティバル「Mundial de Tango 2010」。同イベントの目玉である「タンゴダンス世界選手権」のステージ部門で日本人の鍬本知津子(くわもと ちづこ)さんとアルゼンチン人のディエゴ・オルテガさんさんのペアが優勝しました。

続きを読む…

NHKドラマ「火の魚」が最優秀TV番組賞「ゴールドニンフ」受賞=モンテカルロ・テレビ祭

文化・伝統 | 2010年06月19日 | 3,596 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 モナコで開催されたテレビ番組の国際的なコンクール「モンテカルロ・テレビ祭(Monte-Carlo Television Festival)」において、NHKドラマ「火の魚(英題:Goldfish)」がテレビ映画部門の最優秀賞にあたる「ゴールドニンフ賞(Golden Nymphs Award)」を受賞したことが分かりました。

 「火の魚」は2009年にNHK広島放送局が制作した作品で、瀬戸内海に浮かぶ島を舞台に孤独な老作家と病に侵された女性編集者との心の交流を描いた物語。

続きを読む…

世界で活躍する日本人ピザ職人たち 世界選手権でダブル制覇の快挙!

文化・伝統 | 2010年06月05日 | 11,102 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ちょっと前のニュースですが、世界で活躍する2人の日本人ピザ職人をご紹介します。

ナポリピッツァ世界選手権で日本人初優勝

 イタリア南部の都市ナポリで先月末に開催された「第9回 ナポリピッツァ世界選手権(IX edizione del Concorso Internazionale del Pizzaiuolo)」において、日本から参加した牧島昭成(まきしま あきなり)さんが、ピッツァナポレターナS.T.G.部門(大会メイン部門)で見事優勝しました!

 今年で9回目となった今大会には、地元ナポリのピッツァ職人をはじめ、世界中から150名もの料理人が参加し、伝統のナポリピッツァの味と腕前を競いました。同大会での日本人の優勝は史上初とのこと。

続きを読む…

日本とベトナムの意外な関係=原発、新幹線、橋、そしてミス別府?!

社会・政治 | 2010年05月06日 | 12,290 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 最近のニュースからベトナムと日本に関連した記事をピックアップでまとめてみました。

前原国交相らが原発と新幹線をトップセールス

 以前、当ブログでご紹介した記事「ベトナム、日本の新幹線方式を採用決定=ハノイ~ホーチミン高速鉄道計画で」の続報ですが、GW期間中の2日、前原誠司国土交通相と仙谷由人国家戦略担当相らがベトナムを訪問し、新幹線や原子力発電など日本のインフラ技術のトップセールを展開した模様です。

続きを読む…

映画「コララインとボタンの魔女 3D」の上杉忠弘氏がアニー賞の最優秀美術賞

エンターテインメント | 2010年02月09日 | 2,932 views | 0 comments | 0 trackbacks |

コララインとボタンの魔女 3D

 米ロサンゼルスで開催された「第37回アニー賞」の授賞式において、3Dアニメ映画「コララインとボタンの魔女 3D」のコンセプトアートデザインを担当した上杉忠弘さんが最優秀美術賞を受賞しました。日本人が同賞を受賞するのは史上初の快挙とのこと。

 アニー賞は「アニメ界のアカデミー賞」とも言われ、過去には宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が作品賞、監督賞、脚本賞、音楽賞の4部門を受賞しています。

続きを読む…

本木雅弘さん「おくりびと」で主演男優賞=アジア・パシフィック・スクリーン・アワード

文化・伝統 | 2009年11月27日 | 3,037 views | 0 comments | 1 trackback |

 オーストラリアのクイーンズランドで開催されている国際映画祭「ASIA PACIFIC SCREEN AWARDS 2009」(アジア・パシフィック・スクリーン・アワード)で、映画「おくりびと」(英題:Departures)で主役を演じた本木雅弘さんが最優秀主演男優賞を受賞しました。

 「アジア・パシフィック・スクリーン・アワード」は、アジア太平洋地域を中心に優れた映画作品を表彰する国際的な映画祭として2007年に創設されました。(私自身も若干混同していましたが、1954年から始まった「アジア太平洋映画祭」とは別物のようです)

 「おくりびと」は、昨年の米アカデミー賞で日本初の外国語映画賞に輝くなど、日本国内のみならず、世界各国の映画祭で数多くの賞を受賞してきましたが、また一つ栄冠が加わることになります。

続きを読む…

はるな愛「世界一美しいニューハーフ」コンテストで優勝=タイ

エンターテインメント | 2009年11月01日 | 5,742 views | 0 comments | 2 trackbacks |

 タイ中部のリゾート地パタヤで開催された、ニューハーフを対象とした美人コンテスト「ミス・インターナショナル・クイーン」において、日本から参加したタレントのはるな愛さんが日本人として初めて優勝しました。

[asahi.com] はるな愛さん「世界一美しいニューハーフ」 タイで優勝

 04年に始まったコンテストは、米国での大会と並んで「世界一美しいニューハーフ」を決める催しとして知られる。地元タイをはじめ11カ国18人の参加者の中で「アピール能力が圧倒的に優れていた」(審査員)ことが受賞理由に挙げられた。

 事前におこなわれたWeb投票では、フィリピン代表のアンナ・マリーさんに次いで第2位の成績でした。

続きを読む…

レッドソックス岡島投手の妻、由佳さんがMLB美人妻コンテストでランクイン!

人々 | 2009年09月05日 | 32,081 views | 0 comments | 0 trackbacks |

レッドソックス岡島夫妻 大リーグをテーマとした娯楽情報メディアが主催した「メジャーリーガー美人妻コンテスト」において、ボストン・レッドソックスで活躍する岡島秀樹投手の妻、由佳さんが10位にランクインしました。

[ZAKZAK] 岡島夫人、美人妻の“メジャー入り”-唯ひとりの清楚系

 コンテストを行ったのは米娯楽野球サイト「ファンタジー・ベースボール・ダッグアウト」。最も美しい大リーガー妻を選ぶ「09ザ・ホッテスト・ベースボール・ワイフ(最も熱い野球妻)」12人に、日本人大リーガー夫人として唯一ノミネートされ、8月31日締め切りで投票率1%で10位となった。

 1位に輝いたのは、カージナルスのマーク・デローサ内野手の妻ハイディさん。以下、2位にジョーダンさん(メッツのブライアン・シュナイダー捕手の妻)、3位にミスティ・メイさん(タイガースのマット・トレーナー捕手の妻)が選ばれました。

続きを読む…