タグ付けされた記事一覧

タグ: 日本政府

国際競争力ランキング、日本は6位に浮上、総合トップは意外なアノ国?!

経済・産業 | 2010年09月11日 | 13,128 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 世界経済フォーラム(WEF)が9日に発表した「国際競争力ランキング」の最新報告書によると、日本は昨年の8位から2つ順位を上げ6位となったことが分かりました。

 総合1位は昨年に引き続きスイスで、金融不安を抱えるアメリカは昨年よりさらに順位を落として第4位となっています。

続きを読む…

鳩山首相「世界で最も影響力のある100人」に選出=米TIME紙

社会・政治 | 2010年04月30日 | 3,202 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 米TIME紙は29日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」(The World’s Most Influential People)の2010年度版を発表。世界のリーダー部門に、鳩山由紀夫首相が日本人としてただ一人選出されました。

鳩山由紀夫 - 世界で最も影響力のある100人

 選出の理由について、同誌では「政治家の家系に生まれ、タイヤによって得た財産相続(訳注:ブリヂストンのことですね)よって成り上がった政治家であり、とても革命家には見えない」としながらも「日本という国が(自民党による)一党独裁から、機能する民主国家に変貌するきっかけを作った。これは十分評価に値する」と説明しています。

鳩山首相に対する他紙の評価は

 一方、その他のアメリカ主要紙における「鳩山評」は、相変わらず散々なようです。

続きを読む…

「クール・ジャパン」で日本を売り込め!=経済産業省の戦略は果たして上手くいくか

社会・政治 | 2010年04月08日 | 11,380 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 日本のアニメ、ゲーム、ファッションなどのサブカルチャーは、海外では「クール・ジャパン」と呼ばれ、高い人気を誇っていますが、輸出産業として見た場合、一部を除いてまだまだ収益性が低く、いかにして外貨獲得に繋げていくのかが課題と言われています。

 そんな中、文化産業の海外展開を支援するため、経済産業省が「文化産業大国戦略」の指針を発表しました。

[毎日新聞] ファイル:数字・言葉・経済 「クール・ジャパン」で輸出テコ入れ

 経済産業省は5日、産業構造審議会(経産相の諮問機関)の産業競争力部会に「文化産業大国戦略」案を提示した。「クール・ジャパン」と呼ばれ、海外で人気のアニメやゲーム、ファッションなどの輸出テコ入れを官民一体で進めるのが狙い。政府が6月にまとめる新成長戦略に反映させる方針だ。

[47News] 目指せ「文化産業」大国 経産省、競争力強化で戦略案

 「『文化産業』大国に向けて」と題した戦略案は、特にアジア地域で日本製品に対して「かっこいい」「明確な個性や特徴がある」との受け止め方が広がっていると指摘。好感度の高さを生かすことで、文化産業が自動車や家電と並ぶ日本経済の柱に育つ可能性があると強調した。

 お隣の韓国では映画やゲームなどのコンテンツ産業には国からの強力な助成制度と保護政策があり、これまで民間の企業努力に頼ってきた日本でも支援体制の充実を求める声が以前から上がっていました。

続きを読む…

欧米各国が日本に加盟迫る「ハーグ条約」とは? 家族観に対する文化の違いも

社会・政治 | 2010年02月27日 | 5,555 views | 8 comments | 0 trackbacks |

 国際結婚が破綻した夫婦の一方が無断で子供を自国に連れ帰ることを防ぐ「ハーグ条約」という国際条約の存在をご存知でしょうか?

 現在、アメリカ、イギリスなど欧米を中心に81カ国が批准していますが、先進国の中では、日本が唯一未加盟のため、日本も批准するよう各国からの圧力が高まりつつあります。

[asahi.com] ハーグ条約加入、外相に求める 欧米8カ国の駐日大使ら

 米国や英国など8カ国の駐日大使らが30日、外務省で岡田克也外相と会い、「子の奪取」に関するハーグ条約に日本が加入するよう求めた。

鳩山首相は加盟検討を指示

 欧米各国からの強い要請を受け、日本政府も加盟に向けて検討段階に入ったようです。

続きを読む…

日本のGDP、わずかに中国を抑え世界2位を維持 「日本の二の舞になるな」中国メディア警戒も

経済・産業 | 2010年02月17日 | 8,614 views | 4 comments | 0 trackbacks |

 内閣府が15日に発表した2009年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値によると、実質GDPの成長率は前期比1.1%増、年率換算で4.6%増で、3期連続のプラス成長となることが分かりました。

世界第2位を維持、中国をわずかに上回る

[読売新聞] GDP1・1%増、中国をわずかに上回る世界2位

 物価変動の影響を加え、企業や家計の実感に近い名目GDPの09年の実額は、ドル換算で5兆849億ドルとなり、中国の4兆9090億ドルをわずかに上回り、世界2位を維持した。

[asahi.com] GDP、中国を振り切り2位維持 3期連続プラス成長

 年間の名目GDPを09年の平均為替レートでドル換算すると、日本は約5.1兆ドルで米国(約14.3兆ドル)に次ぐ世界2位。3位の中国は約4.9兆ドルと日本に迫り、10年には追い抜く可能性が高い。

 2000年頃の中国のGDPは日本の1/3程度に過ぎませんでしたが、ここ10年間で3倍以上の成長率を達成したことで、わずか1759億ドル差にまで迫ってきたことになります。

「一人当たりのGDP」では大きな隔たりも

 人口1億2800万人の日本に対し、13億人の人口を抱える中国は、GDPの総計で日本に並んだとしても、「一人当たりのGDP」では日本の1/10に過ぎないという見方もあります。

続きを読む…

世界のリーダー第3位に民主党の小沢一郎幹事長 海外メディア「影の将軍」と紹介

社会・政治 | 2010年01月24日 | 6,047 views | 0 comments | 0 trackbacks |

世界の指導者TOP10

 国際的な危機分析・管理を専門とするコンサルティング会社「ユーラシア・グループ」が、2010年の注目すべき世界のリーダーTOP10を発表。それによるとランキングの第3位に民主党の小沢一郎幹事長が選出されました。

 なお、第1位は中国の温家宝(おん かほう)首相、2位にはオバマ米大統領が選ばれており、鳩山由紀夫首相はランク外でした。

10大リスクの第5位に「日本」

 同じくユーラシア・グループが今月初めに「世界の10大リスク」を発表。その第5位に「日本」を挙げています。

続きを読む…

鳩山政権100日、海外の評価まとめ

社会・政治 | 2009年12月29日 | 4,368 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 鳩山政権が発足してから100日が過ぎました。新政権がスタートしてから最初の100日間は、国民は期待を込めて様子見をおこない、メディアも厳しい批判を控えることから「ハネムーン期間」と呼ばれています。

 最近報道された鳩山政権に対する各国政府の評価や海外メディアの反応を一部抜粋してご紹介したいと思います。

■中国の反応

[NIKKEI NET] 中国、鳩山政権100日を評価 「関係良好」

 中国外務省の姜瑜副報道局長は22日の記者会見で、発足から100日目を迎える鳩山政権について「新政権の発足以降、中日関係は良好な局面を迎え、習近平国家副主席の訪日は成功した」と評価した。

 東アジア重視の政策方針を掲げる鳩山政権に対して、中国は当初より高く評価する旨のコメントを発表してきています。

■北朝鮮の反応

[asahi.com] 北朝鮮、鳩山政権の普天間政策を称賛 民主批判控える

 北朝鮮の内閣機関紙「民主朝鮮」は、鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を再検討していることに言及し、「日本政府の対米政策は沖縄県住民はもちろん、日本社会の全面的な支持を得ている」と評価した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮にしてみれば、日米関係が悪化してくれた方が好都合ということでしょうか。民主党に対する批判は今のところ控え目なようです。

続きを読む…

米議員、エコカー減税は「米国車差別だ」と日本政府を批判

経済・産業 | 2009年09月20日 | 3,869 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 米上院議員のスタベノウ氏が、日本政府が実施しているのエコカー減税や助成制度は「事実上、アメリカの自動車メーカーを排除している」と批判。来週開催される日米首脳会談の場において、日本政府に対して圧力をかけるようオバマ大統領に要求しているとのことです。 

[産経新聞/イザ!] 「米国車差別」と日本を批判 米議員、エコカー助成で

書簡は「日本と韓国はずうずうしくも米自動車メーカーを差別し(米国と)同様の制度を実施している」と怒りを表明。その上で「われわれは、貿易のルールを破り米企業と国民に損害を与えることを許すことができない」と明記し、保護主義につながると批判した。

つまり「(環境)保護主義イクない!」ということでしょうか…

これに対し、日本政府は次のように答えています(同記事より)

続きを読む…

世界競争力ランキングで日本8位に上昇、技術革新力ではトップ評価

経済・産業 | 2009年09月10日 | 8,201 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 世界経済フォーラム(WEF)が8日に発表した「国際競争力ランキング」の最新報告書によると、日本は昨年から1ランクアップの8位となりました。

[asahi.com] 09年の世界競争力ランキング、日本8位に上昇

 日本は、技術革新の能力が1位、科学者や技術者の活用しやすさが2位になるなど技術基盤の高さが評価されたのに加え、消費者の洗練ぶりも首位だった。一方で、政府支出のムダが99位、政治家への信頼感は54位だった。

 なお、今年の世界第1位はスイスとなり、昨年トップだった米国は金融危機の影響が大きく響いて2位に転落しました。

続きを読む…

衆院選「民主党圧勝」に対する海外の反応まとめ

社会・政治 | 2009年08月31日 | 7,865 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 30日におこなわれた衆議院議員総選挙は、海外でも大きな注目を集め、「民主大勝、自民惨敗」の開票結果を受け、外国メディアではトップニュースとして大きく伝えているようです。

以下、各国の反応をまとめました。

■アメリカ

 米国では、選挙前に民主党の鳩山代表が米ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿した論文が、「米国主導」の世界経済の体制を批判し、アジア中心の経済・安全保障体制の構築を強調した内容だったことから、今後の日米関係ありかたについて懸念を示す論調が目立つようです。

AP通信やCNNテレビは30日朝(日本時間同日夜)、自民党の「大敗北」と「民主党政権」の誕生を伝えた。米政府の反応は出ていないが、米国では民主党が政権の座につけばより現実的な対米政策をとるとの期待感もある一方で、インド洋での海上自衛隊による給油活動の中止など、日米同盟に悪影響を与える政策を打ち出してくるのではないかとの警戒感も少なくない。

[産経新聞/イザ!] 米は「鳩山政権」に警戒感 現実路線を期待より

 米CNNの東京特派員は生中継で、「自民党にとっては気が遠くなるような敗北だ」と形容した。同局は電子版のサイトでは、鳩山代表について「オバマ大統領のようなスタイルで変革を全面に出したメッセージを訴え、日本でこれまでになかった牽引(けんいん)力を見せている」と報じている。

[ashi.com] 米CNN「鳩山氏、オバマ大統領のようなスタイル」より

続きを読む…