タグ付けされた記事一覧

タグ: 研究開発

日本のスパコンが世界ランキング1位に返り咲き! そのとき蓮舫議員は…

サイエンス・テクノロジー | 2011年06月21日 | 9,621 views | 2 comments | 0 trackbacks |

top500

 理化学研究所と富士通が共同開発した日本の次世代スーパーコンピュータ(スパコン)の「京(けい)」が計算速度世界ランキングで1位の座に輝きました。

 ドイツ・ハンブルクで開催中の第26回国際スーパーコンピューティング会議(ICS)において発表されたもので、日本のスパコンが1位になったのは2004年の「地球シミュレータ」以来7年ぶりとなります。

[富士通] 京速コンピュータ「京」が世界1位に

 独立行政法人理化学研究所(理事長 野依良治、以下「理研」)と富士通株式会社(代表取締役社長 山本正已、以下「富士通」)は、共同で開発中の京速コンピュータ「京(けい)」の性能で、第26回国際スーパーコンピューティング会議ISC’11(ドイツ・ハンブルク開催)にて本日発表された第37回TOP500リストにおいて、第1位を獲得しました。

続きを読む…

ノーベル化学賞、鈴木章氏と根岸英一氏ら3人が受賞 日本人の受賞者は18人に

サイエンス・テクノロジー | 2010年10月07日 | 4,480 views | 0 comments | 1 trackback |

ノーベル化学賞2010

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2010年のノーベル化学賞を鈴木章・北海道大学名誉教授、根岸英一・米パデュー大学特別教授、リチャード・ヘック・米デラウェア大学名誉教授の3氏に授与すると発表しました。

 日本人がノーベル賞を受賞するのは、益川敏英氏ら4人が同時受賞した2008年に次いで18人目となります。

続きを読む…

ユーモラスな研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」日本人が4年連続で受賞

サイエンス・テクノロジー | 2010年10月02日 | 8,190 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ユーモラスで風変わりな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式がおこなわれ、粘菌を使って鉄道網の最適化に関する研究をおこなった中垣俊之さん(公立はこだて未来大)、小林亮さん(広島大)ら9人の研究者に「交通計画賞」が贈られました。

[公立はこだて未来大学] 中垣俊之教授らがイグ・ノーベル賞を受賞しました

 ユーモア溢れる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の第20回授賞式が9月30日、米マサチューセッツ州ハーバード大学で開かれ、本学、複雑系知能学科の中垣俊之教授らグループ(9名)が「交通輸送計画賞」を共同受賞しました。

[広島大学] 理学研究科・小林 亮教授、伊藤賢太郎助教がイグ・ノーベル賞を受賞しました

 広島大学大学院理学研究科・数理分子生命理学専攻の小林 亮教授、伊藤賢太郎助教らのグループが、粘菌による研究で、ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の交通計画賞を共同受賞しました。小林教授は、2008年に続いて2回目の受賞です。

 授賞式は9月30日に米マサチューセッツ州ボストン近郊のハーバード大でおこなわれました。

[asahi.com] 粘菌で鉄道網の最適設計 中垣教授らにイグ・ノーベル賞

 中垣さんは受賞の弁に代えて「東京の鉄道網の設計は簡単だったが、ボストンのはちょっとしんどかった」という「粘菌からの手紙」を読み上げ、会場の笑いを誘った。

続きを読む…

驚異的なスーパーコンピュータ開発で長崎大の浜田助教らに「ゴードン・ベル賞」

サイエンス・テクノロジー | 2009年11月28日 | 7,029 views | 2 comments | 0 trackbacks |

 長崎大学工学部の浜田剛助教らの研究グループが、380個のGPU(Graphics Processing Unit)を並列動作させることで、158テラフロップスの演算が可能な国内最速のスーパーコンピュータ(スパコン)を開発。その功績が認められ、米電気電子学会から「ゴードン・ベル賞」を授与されました。

 同賞は、スーパーコンピュータ分野のノーベル賞ともいわれ、高性能計算の世界で最も権威のある賞の一つ。今月14日から米オレゴン州ポートランドで開催された国際学会「Supercomputing 2009」において受賞が決定されたものです。

 特筆すべきは、通常は数百億円はかかるとされるスーパーコンピュータの開発費用を、秋葉原で安価に調達した部品を使用することで、わずか3800万円に抑えることに成功したとのことです。

一方、アメリカ軍はプレステを使った

 安価なGPUを大量に並列動作させることで、少ない予算でより高度な演算処理をおこなうという試みはアメリカでも進められています。

 なんとアメリカ空軍において、SONYの「PlayStation 3」(PS3)を数千台規模で接続し、高精度な画像処理や科学計算をおこなうという研究が進行中のようです。

続きを読む…

オムロン「スマイルスキャン」、米タイム誌による「最低の発明」に選出!

サイエンス・テクノロジー | 2009年11月19日 | 10,372 views | 3 comments | 0 trackbacks |

 以前、当ブログでもご紹介したオムロンの笑顔度測定システム「スマイルスキャン」ですが、この度、米ニュース雑誌「TIME」による「The Five Worst Inventions」(5つの最低な発明)に選出されました。

当ブログでの紹介記事はこちら↓

世界が驚愕する日本の「スマイル」テクノロジー 笑顔度測定システム「スマイルスキャン」とは?

イギリスの国営放送BBCや高級紙テレグラフなど世界のメディアが取材に殺到!驚異の笑顔度測定システム「スマイルスキャン」とは?

 TIME誌では、毎年この時期「The Best Invention of the Year」(今年の最高の発明ランキング)を発表してきましたが、今年から「最低な発明」も選出するようになったようで、「スマイルスキャン」の他には「ガスマスクとしても使えるブラジャー」などが選ばれています。なお、「今年の最高の発明」は、NASAの「アレスロケット」でした。(アレスを選ぶのなら、日本の「HTV」がランクインすらしてないのが少し納得いきませんが…)

続きを読む…

ダイソンの羽根なし扇風機「エアマルチプライアー」は28年も前に日本で発明されていた!?

サイエンス・テクノロジー | 2009年10月26日 | 24,797 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 日本でも話題となっているダイソンの“羽根なし扇風機”「エアマルチプライアー」が、実は1981年に日本の電機メーカーによって特許出願された発明品と酷似していることが判明。ダイソンの地元、イギリスのデイリーテレグラフ紙が20日付の記事で報じています。

[The Daily Telegraph] Dyson fan: was it invented 30 years ago? (訳:ダイソン扇風機:それは30年前に発明されていたもの?)

 上記の記事によると、特許出願の主は東京芝浦電気(現在の東芝)となっており、英国の特許庁は「デザインが似通っており、先進性が認められない」として、ダイソンの特許申請を却下。ダイソン側はこれを不服として内容に修正を加えて再申請をおこなっているものの、現在までに認可は下りていないとのこと。

 上記の記事には特許庁に保管されている「東芝バージョン」の図面と、「ダイソンバージョン」の図面の両方が掲載されていますが、これを見ると確かによく似ていますね…

続きを読む…

評価高まる日本の宇宙技術 HTVのシステムが海外から60億円で受注ほか

サイエンス・テクノロジー | 2009年10月24日 | 19,704 views | 3 comments | 0 trackbacks |

 三菱電機は、同社が開発し日本初の無人宇宙輸送船「HTV」にも採用された通信システムを、米オービタルサイエンス社から約60億円で受注したことを発表しました。

[三菱電機] 米オービタルサイエンス社から、NASAの宇宙貨物輸送機用近傍接近システムを受注 

 オービタルサイエンス社が製造する宇宙貨物輸送機「シグナス」は、来年にも退役が予定されているスペースシャトルの後継として国際宇宙ステーション(ISS)に補給物資を輸送する役目を担っています。

 今回受注したシステムは、ISSと宇宙船が衝突しないようにランデブーするための通信装置で、先月のHTVの打ち上げ・ドッキング成功の実績が高く評価されたものです。

 日本の宇宙技術がアメリカの宇宙船開発に採用されるのは今回が初とのこと。

宇宙用太陽電池の開発でも

 シャープは、人工衛星などに採用されている「化合物太陽電池」の変換効率で世界最高となる35.8%を達成したと発表しました。

続きを読む…

田口文章さんにイグ・ノーベル賞 パンダのふんで生ごみ分解

サイエンス・テクノロジー | 2009年10月03日 | 2,632 views | 0 comments | 1 trackback |

 ユーモアで風変わりな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式がおこなわれ、パンダのふんから採取された菌を使って、生ごみの分解に成功した田口文章さん(北里大学名誉教授)が生物学賞を受賞しました。

[産経新聞/イザ!] 「イグ・ノーベル賞」パンダのふんで生ごみ減量の田口名誉教授受賞

 ふんを利用し、ごみを大幅に減らすという一石二鳥で地球環境に優しい研究が評価された。授賞式に出席した田口氏はあいさつで「パンダは愛くるしい動物ですが、ふんは見た目からは想像できないほど大量で、研究は面白い経験でした」と述べ、約千人の聴衆から大きな笑いが起きた。

 実際に家庭用の生ごみで実験したところ、95%以上を水と二酸化炭素に分解できたとのことで、実は結構すごい研究なのかもしれません。

続きを読む…

世界が驚愕する日本の「スマイル」テクノロジー 笑顔度測定システム「スマイルスキャン」とは?

サイエンス・テクノロジー | 2009年08月29日 | 14,192 views | 4 comments | 0 trackbacks |

スマイルスキャン 京浜急行電鉄では、駅員が接客対応の際に自然な笑顔が出るようにと、オムロンが開発したリアルタイム笑顔度測定センサー「スマイルスキャン」を導入し、接客サービスの向上に努めているそうです。

 日本人にしてみれば「へぇー」といった程度のニュースですが、なぜか海外ではこの話題がバカ受けだったらしく、世界中から多数のメディアが取材に殺到しているとのこと。

[イザ!] 世界が注目する日本のスマイル

京浜急行電鉄(本社・東京都港区)が駅員のために笑顔度センサー「スマイルスキャン」を導入した。センサーに向かってほほえみ、最高の笑顔を確認してホームへ。政治よりよほどおもしろいというので、世界のメディアが京急品川駅に殺到した。

世界が注目するスマイルスキャンとは?

 こちらのオムロンの製品紹介ページによると、オムロン独自の顔センシング技術により、表情によって変化する目や口の形、顔のしわなどの情報を元に、笑顔度合いを測定するシステムとのこと。

 SONYの「サイバーショット」の一部モデルに、笑顔を検出して自動的に撮影する「スマイルシャッター」機能が搭載されていますが、この種のセンシング技術は日本が世界をリードしているのかもしれません。

 イギリスの国営放送BBCと高級紙テレグラフに掲載された記事から一部抜粋してご紹介します。

続きを読む…

「3.141592…」スパコンで円周率2.5兆桁まで計算 筑波大が世界記録樹立→ギネス申請へ

サイエンス・テクノロジー | 2009年08月19日 | 2,821 views | 0 comments | 0 trackbacks |

T2K筑波 筑波大学が、95テラフロップスの演算能力を持つスーパーコンピューター「T2K筑波システム」を使用して、円周率計算の世界記録を達成したそうです。

[産経新聞/イザ!]  円周率計算2兆5769億8037万桁! 筑波大が世界記録樹立、ギネス申請

 筑波大(茨城県つくば市)は17日、同大計算科学研究センターのスーパーコンピューターが、円周率の計算で2兆5769億8037万桁(けた)の世界記録を樹立し、ギネスブックへ登録を申請したと発表した。これまでの世界記録は、東京大情報基盤センターなどが平成14年に達成した1兆2411億桁で、2倍以上の記録更新となった。

続きを読む…