タグ付けされた記事一覧

タグ: 調査

米紙「真の国家ランキング」を発表、総合1位はフィンランド、日本は第何位?

社会・政治 | 2010年09月04日 | 10,608 views | 2 comments | 0 trackbacks |

総合国家ランキング

 米ニューズウィーク誌が独自に調査による「世界の国家ランキング」を発表。それによると、総合1位にランクされたのはフィンランド。以下、2位にスイス、3位にスウェーデンが入り、日本は全体の第9位にランクされています。

 これは世界の調査機関から寄せられたデータを基に、「教育」「健康」「生活水準」「経済動向」「政治環境」の5つの指標で集計をおこなったもの。フィンランドは平均89.40のスコアを記録し、総合第1位に輝きました。同誌では「これこそが真の国家チャンピオンだ」としています。

続きを読む…

有給取得ランキング 1位フランス、日本は最下位=なぜ日本人は休みがとれないのか

社会・政治 | 2010年08月11日 | 4,923 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 米ロイターは6日、世界主要国における有給休暇の取得に関する調査結果を発表しました。

[Reuters] 有給使い切る国の1位はフランス、日本は最下位

 ロイターと調査会社イプソスが有給休暇を使い切る労働者の割合を国別で調査した結果、フランスが89%でトップ、日本が33%で最下位であることが分かった。

 ランキングの上位と下位は下記のとおり。数値は有給を使い切った人の割合です。

続きを読む…

日本の長寿世界一はインチキ?! 海外メディアも報道

社会・政治 | 2010年08月04日 | 11,607 views | 12 comments | 0 trackbacks |

 厚生労働省は先月26日、「平成21年簡易生命表概況」を発表。これによると、日本人の平均寿命は男女ともに過去最高を記録し、女性は86.44歳で25年連続で長寿世界一、男性は79.59歳で世界第5位を記録したことが分かりました。

 日本人の平均寿命が延びている要因として、医療技術の発展により3大死因(がん・心疾患・脳血管障害)及び肺炎による死亡率が減少傾向にあるため、と説明しています。

「世界一の長寿国」の称号は眉つば?

 ところが、東京足立区で都内最高齢とされていた111歳の男性がミイラ化した状態で発見され、実は30年も前に死亡していた事実が判明しました。

続きを読む…

日本でのTwitter利用者が急増 利用率と瞬間ツイート数で世界一を記録

社会・政治 | 2010年07月17日 | 9,794 views | 1 comment | 0 trackbacks |

 Twitter(ツイッター)の公式ブログによると、ワールドカップ南アフリカ大会の日本対デンマーク戦において1秒当たりのツイート(つぶやき)数が過去最高記録を更新したことが分かりました。

 これまでの最高記録は今年のNBAファイナル、ロサンゼルス・レイカーズ対ボストン・セルティックスで記録された秒間3085ツイートでしたが、日本対デンマーク戦の試合終了ホイッスルの瞬間、これを上回る秒間3283ツイートを記録したとのこと。

Twitterの利用率で米国を上回る

 ネット調査会社のネットレイティングスによると、日本国内のTwitter利用者数は前年比1900%と急増傾向にあり、2010年3月時点での利用率が12%にも達し、米国の10%をも上回る結果となったようです。(※利用率=その国のネットユーザー全体に対する利用者の割合)

続きを読む…

「iPhone+日本のネット回線」で人生が変わった外国人ランナーのお話

サイエンス・テクノロジー | 2010年04月25日 | 7,048 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ITmediaに面白い記事が掲載されていましたのでご紹介します。

[ITmedia] 日本の3GとiPhoneで「人生が変わった」 東京マラソン“Ust実況ランナー”が見た景色

 英国出身のジョセフ・テイム(32)さんが来日して驚いたのは、「3G回線の速度が故郷よりも速い」ことだった。日本の3G回線を使って何かやりたい――そう考え思いついたのが、iPhoneを使った動画のライブ配信だ。

 テイムさんが来日した当時、イギリスの3G回線は速度が遅く料金も高いため、日本ほど一般には普及していなかったようで、日本人が携帯で時刻表を調べたり、普通に漫画を読む姿を見て「本当にすごい!」とカルチャーショックを受けたとのこと。

 そんなテイムさんですが、今年2月におこなわれた東京マラソンでは、なんと3台のiPhoneを装備してフルマラソンに挑戦。各iPhoneの使用用途は次のとおり。

  • 1台目:ライブ映像配信用(使用アプリ「Ustream」)
  • 2台目:Googleマップ上に現在位置をリアルタイム表示(使用アプリ「Glympse」)
  • 3台目:Twitterクライアント(使用アプリ「TweetTalk」)

続きを読む…

我が子を応援する親のマナー、日本は優良、最悪なのはアノ国!

社会・政治 | 2010年04月10日 | 11,557 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 ロイターでちょっとユニークな調査結果が発表されています。子どもが参加するスポーツイベントで、応援にきた親がコーチや審判に対して乱暴な態度をとっているのを目撃したことがあるかどうかについて、調査会社イプソスの協力により先進国を中心に世界22カ国でリサーチを実施。

 その結果、応援する親のマナーが最悪なのはアメリカで、子供のスポーツイベントで暴れている親を見た!と答えた人の割合が60%にも達しました。

続きを読む…

エルトゥールル号の海底発掘調査で金貨など見つかる 映画化の企画も進行中

文化・伝統 | 2010年01月27日 | 5,716 views | 0 comments | 1 trackback |

 1890年に嵐のために和歌山県串本町樫野沖で沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遺品発掘調査で、金貨1枚と銀貨1枚が新たに発見されました。

[紀伊民報] 金貨と銀貨を発見 串本沖のトルコ軍艦遺品発掘

 120年前に串本町樫野沖で沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遺品発掘調査で、調査団は25日、イギリスの1ポンド金貨と日本の1円銀貨を発見したと発表した。トゥファン・トゥランル団長(57)は「貴重な遺品を引き揚げることができてうれしい」と話している。

 エルトゥールル号は、オスマン帝国時代の木造軍艦で、1890年に明治天皇に親書を献上するため横浜港に寄港し歓迎を受けます。しかし、帰路に就く途中、和歌山県串本沖で台風に遭遇し沈没。地元住民による献身的な救護活動が、その後の日本とトルコの友好関係につながったと言われています。

 エルトゥールル号にまつわるエピソードについては書籍「世界が愛した日本」の中で詳しく描かれています。当ブログによるレビュー記事はこちら

続きを読む…

「JP」ドメインは世界で最も安全な国別ドメイン=マカフィー調査

サイエンス・テクノロジー | 2009年12月05日 | 7,203 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 コンピュータセキュリティ大手のMcAfeeが発表した「ドメインの危険度」に関する調査報告によると、国別ドメインでは、日本の「JP」ドメインが世界で最も安全であることが分かりました。

 JPドメインの約40万サイトについて調査をおこなった結果、危険性があると判断されたウェブサイトは446サイトにとどまり、割合でいうと0.1%以下。これはトップレベルドメイン全体でみても「GOV」に次いで2番目に低い値となっています。

 この結果だけをみると日本のドメインは「かなり安全である」と言えます。

もっとも危険なドメインは・・・?

続きを読む…

日本人の平均寿命 2008年版発表 女性は世界1位キープ 男性は…

サイエンス・テクノロジー | 2009年07月18日 | 11,011 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 厚生労働省が16日発表した「平成20年簡易生命表」によると、日本人の平均寿命は女性が86.05歳、男性が79.29歳となり、前年と比較すると女性は+0.06年、男性は+0.10年伸びて、いずれも過去最高を記録したとのことです。

平均寿命ランキング、日本女性が1位キープ

 上記の資料に含まれる「平均寿命の国際比較表」をみると、女性の国別の平均寿命ランキングは、日本女性が2位以下に大差をつけてダントツでトップ、2位はフランスの84.3歳、3位はスイスの84.2歳となっています。

 一方、男性の方は、1位がアイスランドの79.6歳、2位がスイスの79.4歳、3位に日本男子という結果になりました。

続きを読む…

ホテルマンが選ぶ「最良の宿泊客」日本人が3年連続トップ

社会・政治 | 2009年07月11日 | 22,338 views | 0 comments | 0 trackbacks |

 オンライン旅行会社のエクスペディアが世界各国のホテル経営者や従業員らに行った調査によると、日本人が3年連続で「ベスト・ツーリスト(最良の旅行者)」に選ばれました。

日本人旅行者は、礼儀正しさ、清潔さ、静かさ、苦情や不満の少なさなどの項目で高い評価をマークし、総合ポイントで1位に輝きました。総合2位は英国人、3位カナダ人と続いています。

 一方、「最悪の宿泊客」に選ばれたのはフランス人で、外国語への順応性、苦情や不満の多さ、チップの額などの項目で、いずれも最低の評価だったとのこと。

続きを読む…